意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

叔父の話の登場人物が多い

叔父は中古車販売業を営んでいて今日保険の手続きに行ったら相変わらず話が長い。手続きは10分と少しで終わるのにそのあと2時間くらい話す。主にこんな客がいた的な話で叔父の名誉を守るために補足するとこんなひどい客がいた的な内容ではなく見覚えのある客…

10時に寺

「人はなぜ集団になると怠けるのか(針原直樹著・中公新書)」を読んでいるが難しい。昨日は文章の上手い下手はないと書いたがこの人は文章が下手なのかもしれないと思った。書いてあることがまるで意味不明である。しかし読み進めるとやがて理解できるとこ…

ハッピーエンドは他人事

Iさんについてこの手の記事はたいてい一対の男女が出てきて最後結婚したり恋仲になったりするからいい加減に読むかあるいは最初から読まないが上記の記事はそういう最後じゃないから良かった。しかも女がオーストラリアに行ってしまったというのも爽やかだ…

パソコン博士

職場のパソコンの調子が悪くここまで悪い端末にあたるのって生涯初かもってくらい悪い。私が初めて仕事でさわった端末はWindowsMeでみんな「ひどいひどい」という端末で私以外の人は2000とかXPだったが私はとりたててひどいとはかんじなかった。あるいは私が…

わらわら

帰り道に道を走っていたらもうすっかり日も短くなり暗い中ヘッドライトを灯して走っていたら突然中学生の集団が道を横切って度肝をぬかれた。それは別に私がひきそうになったとかそういう意味ではなくそれらは私の車のずっと前を横切ったから停まる必要すら…

過去も未来もないというのはどういうことか

夕方になって光が強くなる。朝は雨が降っていて昼も降ったが昼過ぎに昼寝をすると日が差していた。私は休みだった。妻も休みだったから食べに出かけた。丸広の地下でケーキを買った。何故なら私が誕生日だったからだ。私は本当は小魚チップスが良かったがそ…

まだ靴をおろしていない

夏に入る前の6月おわりから7月頃に新しいランニングシューズを買ったがまだおろしていない。前のというか今履いているのはたしか2011年の秋に買った。その年の春に会社に新しい人が入ってあるときその人が割引券をくれたのでそれを買った。私がその会社に入…

多数の異性を見ると眠くなる

子供の文化祭に行ったら子供は女で女子ばかりの高校に通っているので校舎等は女子であふれていた。男性も少数いて校舎には男性トイレもあった。男性トイレは男性教師が掃除するのかしらとか考えたがそもそも私立だから掃除は掃除業者の仕事かもしれない。子…

清々しい思い出

昨日の記事の終わりに「清々しい記憶についてはまだあるがあとで書くことにする」と記したがそれでは書こうと思うととたんに面倒くさくなる。何故なら全体像が見えているからである。締めには「先生も大変に満足らしい様子であった」とくるのが決まっていて…

こだわり

何日か前に読んだ記事でその人は小学低学年のころを思い出していて一辺1センチの正方形の対角線の長さを測ったら1.4センチだったが他の多数は1.5センチであったが教師は多数のほうを採用しその人は邪険にされた。こうしてかいつまんで書くと嘘っぽいがクラス…

理科

朝起きてふとベッドの脇を見ると「理科」と書かれた紙が置かれている。そこは子供が今日着る服の上においてあるから尚且つその子供とは小学生だから私は大して奇妙なこととは思わなかった。理科にかんする何か忘れてはならない事物があったのだろう。思えば…

視覚化されない思考

三國志を読んでいて結構な量であるが三割近くまで読んできてここまで高速道路みたいにすいすい読んできたがだんだんと疲れてしまった。これは結論として「思考の飢え」のようなものではないかと思った。私は昨日「人がぼこぼこ死ぬのはエンターテイメント」…

三国志と罪と罰

三國志を読んでいたら曹操が都から逃げ延びて親戚だか父の知人にかくまってもらうという場面がありそこで家族は曹操と連れをもてなそうと猪を捌こうとするが壁を挟んでその際の音や会話が曹操の耳にはいると曹操は自分を殺そうとしていると勘違いし扉を蹴破…

体罰もろもろ

ドラム日野ビンタのダウンタウン松本さんと爆笑問題太田さんの意見が真逆すぎた - かんそうトランペッターの日野さんの演奏というのを私は聴いたことがなく知っていることと言えば日野さんのお兄さんだか弟さんはドラマーでもう死んでいるが生前はブランキー…

毛布

思えば短い夏だった。寒さに目を覚ますとまだ午前6時で格別早い時間ではないが私も子供も休みだしなにしろ脚の脛から先が冷え切って情けなかった。昨夜は寝巻きをそれまでの半ズボンをやめ冬でも履く長ズボンに替え上もトレーナーをかぶったがそれでも効果は…

死ぬことがわからない

安楽死に関係する記事を読んで私は死ぬことがわからないと思った。死ぬことは会社を辞めたりすることとは違うもっと根本的なことでしかも見当もつかないぶぶんもあるから不思議でもある。見当がつかないことは他にもあるが宇宙とかあるがいつかどこかで解明…

おそろい

昨日道を走っていたら隣の車線に同じ車が前後に並んで走っていてどちらも鈴木のスイフトのシルバーだった。それで私はその日は美容院に向かっていてやがてついたがその日は美容師の妻が誕生日なのだと教えられた。月末で忙しいらしく妻も一緒に私や他の客の…

短歌の自由201708

8月題詠 5首1. 流日が暮れて流木みたいに鳥が飛ぶ夏は終わりて羽根「ばさばさっ」 2. 囃リンくんが智子とヤったと囃し立て犬のウンコはよく土手にある 3. フラット今朝までのbフラットが焼かれ死にトースターからファラリスのアレ 4. 西瓜志村けんが西瓜頭に…

納豆が扇風機の風にあおられたとき

朝から妻子が義母を伴って出かけるという。千葉方面である。私はずっと前に千葉は2回くらい泊まったことがあり一度は廊下が吹きっさらしのアパートみたいなホテルだった。ホテルというのは幅がありすぎて行くまではどんなところなのかわからないが一方民宿と…

夜がそこまで

昨夜お風呂をあがってからビールを飲みながらユーチューブを楽しんだ。最初は涼宮ハルヒのゴッドブレスを聴きながら(私は涼宮ハルヒのストーリーはまったく知らないがゴッドブレスは友達がカラオケで歌っていたから知っている。ぴーぶいも流れるカラオケで…

若い人にやさしくできるか

昨日自分が年をとってきたが自分よりも後輩の人にやさしくして嫌な人と思われずにやっていけるかという記事を読んでそれはかなり難しいのではないかとかんじた。せいぜい先輩からされて嫌に思ったことをやらないくらいだがそれすらも難しいときがある。若い…

ドラゴンフルーツはオニギリのようだ

肉を出すファミレスにきた。家から近い場所だが来たのは数年ぶりである。駐車場に馬鹿でかい車が停まっていて 「いかにも肉を食いそうな車だ」 と評したら子供に 「車は肉を食べない」 と指摘された。車が肉を食べないことは私も知っていて私が言いたかった…

BB戦士には日常が

最近子供とプラモデルをやっていてしかし子供とやると子供は組み上げることに熱中し枠から切り取るという作業はやらず結局細かい部品のバリをとる作業に追われ実際何が作られているのかわからず可動域のイメージがつかめない。というわけで自分用にもうひと…

自分に引いた/怖い店員

何日か前に寝ていたら夏休み中は子供も寝るのが遅いので私がいちばん早く床につくのだが1時か2時くらいに子供と妻がやってきてそのとき妻が携帯のモバイルバッテリーの充電ケーブルがなくて 「コードがない」 と言うとそのときコードがなかったのは私がベッ…

先入観はないにこしたことがないが

若い人の記事で私はこういう人間だからこういう目標設定ですよみたいなのがあって一方の私は自分はどういう人間かままならないから設定ができないことに気づいた。私は運が良かった。その理由は私は初対面の人と話をするのが苦手だったのでなるべくそういう…

写真

妻や義母はどこかへでかける度に我々を特定の建造物や物の前に並べ記念撮影をする。そのたびに私はしかめ面をしたり変顔をしたりまばたきを装ったりする。職場の人にその話をしたときは「年賀状に使われるのが嫌だから」と理由を説明したがそれは思いつきで…

仕事だけだと人生はやい

アプリの天気予報の週間予報がもう8月の終わりまで手が届いていてつらい。別に私に夏休みなど皆無だから関係ないような気がするが子供が休みなら朝起こしたり弁当つくったりしなくてすむからやはり私にとっても休みだ。もうすっかりそういう朝の決められた…

石鹸

昨日石鹸について記事を書いたがそういえば私は毎日石鹸で頭を洗っている。それは以前行っていた美容院の美容師にそうアドバイスされたがらでその美容院は入り口のところに大きな犬の置物があった。駅通りを歩いたところにある銀行を曲がって少し行ったとこ…

牛乳石鹸の

話題の牛乳石鹸のCMを見たら割合面白いと思った。それはそれについて書かれた記事を読んだから抱いた感情かもしれずまっさらな状態だったらわからない。さらに私は最初は音声のない状態で見たので「俺の父親は」みたいなくだりは知らず単に回想映像が挿入さ…

命の尊さ

家畜についての記事を読んで私が家畜に対する考えが以前と変わったことに気づいた。サピエンス全史で家畜の歴史みたいなコーナーがあって過去には牛だかヤギだかのお乳にトゲトゲをつけて子供が乳を飲めないようにしてそれを人間がもらうみたいなのが紹介さ…