意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

頭のよい人

幼いころから「頭がいいね」と言われて育ったせいか周りに頭のいい人がいない。理屈では私よりも頭のいい人が世の中にいくらでもいることはわかっているが実感として「この人頭がいいなあ」と思うことは皆無だった。そういう友人や集団に恵まれなかったとい…

機械の文章

経済で読み解く明治維新 江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する作者: 上念司出版社/メーカー: ベストセラーズ発売日: 2016/04/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見るインベスターZを読んで明治維新に興味がわいたので上記の本を…

梅沢富雄という名のスパイス

アニーの映画がテレビでやっていた。私はアニーの舞台は見たことがないので新鮮な気持ちでそれを見ることができた。単純なストーリーだが家族で楽しむことができた。キャメロンディアスが老けたなあと思った。録画で見たのである。それが終わったら来週のこ…

人混みが得意なんて人はいない

江ノ島と鎌倉に行った。朝は早い時間だったので到着したころは並みの混み具合だったが時間が経つにつれ人がごった返すようになり初詣のようになった。江ノ島神社に行ったのである。江ノ島神社は山の中に江ノ島神社と呼ばれる神社が4つくらいあって妻や義母…

世間とのズレ

学校で好き嫌いをする児童に教師が給食を無理に口に押し込んで嘔吐させるという事件があって私の地域では教師が比較的若いせいなのかこの前も小学四年の子供が 「先生は野菜全般が苦手で食べない」 と報告してきたりそういえば上の子が中学のときもソフト部…

警察官が

警察官が振り込め詐欺にだまされそうな老人をくい止めるどころか逆に騙されてしまったというニュースがやっていて最初は「意味わかんない」とか「間抜けな警官」みたいなコメントがあって間抜けは間抜けだが意味が分からないということはなく警察官だってひ…

白髪

ここ一年で白髪が増え本格的な中年になったと自覚する。私の場合どういうわけかへろへろのちん毛のような白髪が多くそれがひょろひょろう髪の表面に出てきて目立つ。いつも白髪に注目するのは会社のトイレの鏡の前で家ではちっとも見ないのは白髪を気にする…

もう三年

あと10日くらいしたらこのブログは開設してから丸3年でそれからまた10日くらいあとに千日継続のやつになってしまう。千日は私の中でも「いよいよか」と思うぶぶんもある。千日っぽいことを書きたい気もするが特に何もせずに通り過ぎる可能性もある。「これま…

短歌の自由201704号

短歌の目4月のお題です - はてな題詠「短歌の目」 題詠 5首 1. 皿皿屋敷中学二年の浦飯の母は温子で父は魔族だ 2. 幽霊幽霊の仕業でなくて人間の妬みと見抜いた浦飯すごい 3. 入投資部に入った父の財前は典型的の貧乏父さん 4. うそ(嘘、鷽、獺も可)口癖が…

インベスターZの女の子がすごい

インベスターZという漫画を安いから読んでいる。株の漫画だ。ずっと前に一巻だけ読んだ。そのときも一巻のみ無料みたいなキャンペーンがやっていたのである。読んでああなるほどとか思いそれ以上は読まなかった。その前にどこかのサイトでパロディがやってい…

スマホケースがディジーガレズビーみたいに

スマホケースが縦に割けたと数日前の記事で書いた。その割けたぶぶんが今日の仕事帰りにバッグの持ち手に引っかかって無理に引っ張ったらひしゃげた。それがまるでディジーガレズビーのトランペットのようであった。よくわからない人は調べてご覧なさい。私…

シンデレラですらつらい

少し前にシンデレラが映画化されたものが日テレで放送されていて私の家族が録画して熱心に見ている。最初にシンデレラのお母さんが死んでそれから父が再婚して父が旅先で死にもうその辺りから見るのがつらくなってしまった。父が死んでつらいというよりその…

ようやく家族の靴下の見分けがつくようになった

私の家族は義父母を除けば四人家族で私以外女で女とは妻娘娘である。年齢は三十代十代九歳だがみんな似たような靴下を履く。去年の春に十代が私立高校に入学し学校指定のソックスをはくようになったから平日はオーケーだが休日は絶望的だった。みんなくるぶ…

スマホのケースが割れた

私の使用しているネクサス6Pのケースが割れた。竹のように縦に裂けた。側面である。そこは電源ボタンや音量ボタンが並んでいるのでケースでふさいだら押せなくなって不便なので強度を犠牲にして穴ぼこを開けねばならずメーカーとしては悩ましい箇所であった…

年に数度は純粋だねと言われる

朝日新聞の記事でPTAのことが出ていてそこには役員だとか負担だし無駄だしそもそも任意加入なのだから色々変えましょうと提案したら役員経験者に「自分より楽をするのが許せない」からと反対されておじゃんになったというのが出ていた。それでコメントにはこ…

矢沢あいみたいなお尻

大宮の動物園に行った。大宮に動物園があるなんて知らなかった。正確には大宮公園の中に小動物園があった。動物園があっても周囲に駐車場が少なくて難儀した。周りは住宅街で小規模な有料駐車場がちょこちょこあるのだが狭いしどこも大抵ベンツが停まってい…

かつてこんなに自信に満ち溢れた時期があっただろうか

私の子供は小学生で高校生もいるが今回は小学生の話です。娘は今年小学四年になって私の住まいのところの小学校は三年生から学級委員をクラスから選出することになってそれは前期と後期があって娘は前期の学級委員に選ばれた。そういうののやりたがりの性格…

味がしない

ちょうど一月ほど前に自分の中の花粉シーズンが終了したと思いそのことを記事にも書いたが先週末くらいからぶり返してきている。終わったと勝手に思い薬も飲むのをやめたせいなのか前よりもひどい気がする。薬を飲んでも効かない。そうしたら今度こそ医者に…

初めての記憶

仕事帰りにセブンイレブンに寄ったらレジの人が研修中という札をつけていて私がモンスターエナジーを単品で出したら栄養ドリンクのフェイスアップを行っていたお尻のポケットにハタキを突っ込んでいた女店員がレジへ飛んできて 「袋に入れますか?」 なんて…

よき仲間

朝走っていたら私のマラソンコースには広めのどぶ川がありそこは広い上に深いから子供が落ちたら大変だからと丈夫なフェンスが張られている。勾配のある土地だから立つ場所によってはどぶはかなり深くて大人でも骨折しそうである。そこに頑強なフェンスが張…

ヤンジャンのような夢

メガネをかけた男の人は権力者で自分の顔が印刷された一万円札をつくるという。それを元恋人だかの木村文乃(だったか違うかもしれない)に自慢するのだが木村は「好きにすれば?」とつれない態度。メガネは内心悔しくてたまらないがそのとき木村が機械の設…

忘れ去られた靴

自分の中で靴は運動靴というか遊びに行く用は夏と春秋冬用のを一足ずつ持っていてあと冠婚葬祭スーツ用のを一足と普段履きのモックシューズを一足持っている。スーツも何着かはあるが着るのは黒の一着でそれで冠婚葬祭も仕事の会合なども済ましている。私の…

自己嫌悪

主に仕事で思ってもいないことを口にすると自己嫌悪をかんじる。仕事以外でも相手の容姿などで特に秀でているわけでもないのにうっかり褒めてしまうとお調子者の自分に嫌気が差す。私はとても優しい性格であと頭もいいからこの人はこういう風に言ったら喜ぶ…

人は書く前に考えたことを書きたいと思う

出張に行くのだが朝余裕があったので妻の車のタイヤを交換した。スタッドレス→ノーマルである。暖かくなったのでずっと換えなければならなかった。スタッドレスの細かい溝が熱をもったアスファルトに削り取られる様を想像してプレッシャーをかんじた。妻がオ…

本を読むときなにを考えるか

他のブログで有限の生ならば面白い本のみ読みたいというのがあってずいぶんと大仰な読み方をなさるなあと思った。面白い本のみを読むというのは極めて効率的な発想である。私は「これを読んだらおりこうになっちゃうな」と思うときもあるがそいうときは途中…

いちいち全力でやらないでほしい

私の小学生の子供の担任が年々若い。小1のころは20代半ばで「若いな」と思ったがそれ以降は毎年新任とか二年目ばかりである。私は若い教師に良い思い出がないから子供を気の毒に思ったが当人からすると嬉しいようだ。むしろ上の子が小学生のときは若い担任で…

歯医者にほめられた

一昨日子供とカールを食べていたら突然その中に石が混じっていて「がちっ」と歯が音を立てた。すぐに石ではなく歯の詰め物が取れたんだろうと判断し口の中に指をつっこみ取り除こうとしたが見つからない。飲み込んでしまったのだろうか。しかし柔らかいと思…

ブレーキを踏みながらアクセルをふかす

将来これこれこういう仕事はコンピューターにとって替わられますみたいな話がある一方で少子化というものがマイナスイメージで語られることにちぐはぐさをかんじる。これらの話は同時に語られることはまずないがしかし割と近場で目にする。インターネット上…

もう小中学生ではないのだから

昨日美容院に行って側面を刈り上げその日は美容師にセットしてもらったからそれなりの外見だったが一晩経つとカツラをかぶったような外見になって周りに 「カツラかよ」 と言われたらイヤだなあと思ったがもうそんなことを言う人なんかいなかった。小中・高…

神経衰弱

神経衰弱は総じて子供のほうが強く私は負け続けている。子供というのは私の子供ということではなく世間一般の子供のことである。私は高校生くらいのころから年下の従姉妹だとかに負けて「神経衰弱は小さいこのほうが強いなあ」と思った。私がそれくらいのと…

こんな能力が

一昨日の記事で犬に絡まれる若い母子というのを書いたが(昨日だったかもしれぬ)そういうことを思い出すと私は多くの人と同じように (あの母子は今何をやっているだろうか) と思いそれがわからないことに奇妙さをかんじる。おそらく子供はもちろん母親も…

エンド オブ ザ ダイエット

子供が数日前にダイエットを始めたが昨日になって三ツ矢サイダーをがぶ飲みしていたからエンド オブ ザ ダイエットというバンドを急拵えで結成し「ご飯の山盛りカーニバル」と「相撲マジックファンタジー」という歌を歌ったら怒られた。本家のエンド オブ ザ…

マエラスク

近所に交差点があってその角のひとつがあきちみたくなっていてそこによくトラックの荷台だけが残されていて側面に「マエラスク」と書かれている。正確にはマエラスクはアルファベットで書かれているのだが私は英語というかアルファベットが苦手だから(ベー…

そのうち仏にでもなってしまうかもしれない

子供の頃のサラリーマンのイメージとは人にペコペコしてばかりで格好わるいというものだったが大人になるとその他の多くの物事と同じように「そう単純でもない」という所感を抱く。この手のステレオイメージで引っかかるのがドラマに出てくる夫婦の描写でい…

不死鳥

岸沢統括が去年一時期統括でなくなったが4月からまた統括に返り咲いて同僚と「フェニックス岸沢!」と言いながら揶揄した。ここまで書くのにどれだけ創作を入れたか。岸沢も統括も嘘で本当は別の名前別の役職なのだが本当の名前はけっこう珍しい名前だから…

親子

これもまた感想だが少し前に狼男の親子のアニメがやっていて私は熱心に見る気はなかったので波縫いのように見たり離れたりして最初のお父さんが下水から引き上げられる前後は見たがなんか悲しくなってしばらく見なくてあとはラストのほうの台風がくる前後を…

A LIFE最終回、ルパン感想

初めのほうは面白がって見ていたが徐々に浅野の勢いが失速してきて話を追うのも億劫になり見るのを止していた。というか私の場合テレビ番組を見るためにはその番組を見ている家族の予定に合わさなければいけないからうまくいかないとぜんぜん見れなくなって…

自由と平等

小学一年か二年のとき二時間目と三時間目の間の業間休みのとき一部のグループがボールを用いた遊びを行っていてやがて休みが終了となり複数の生徒は教室に戻ったがボールは取り残されたままとなり教師はそのことを咎めた。教師の主旨としては「ボールは出し…

短歌の自由201703号

今月のお題題詠 5首 1. 草また草が通路が一時裏の草土が露出し役所呼ばねば 2. あまあまタンがあまタンだから好きなンだ私は生きない性器も不要 3. ぼたんたんぼたんぼ※行き倒れの人※たんぼたんぼ※救急車※私と同僚 4. 鳥生きているうぐいすという雉ならば見…

宮沢賢治はとくべつなのか

今月の百分で名著が宮沢賢治で読み上げられた文章を耳にすると割合きれいな言葉クサい言い回しをしているとかんじ私は大抵そういった類は避けて通るようにしていてこの感覚はおそらく万人に通ずるものであると思うがそれでも宮沢賢治が評価されるのはなぜな…

悪夢のような

昨晩友達と飲みその前昼間に小腹が空いたからとよくわからない名前のクラッカーを食べた。前日に子供が小さいクラッカーを食べていて一枚分けてもらったらおいしかったので今日はクラッカーを食べようと思った。私は今でもお菓子を購入するときに後ろめたさ…

花粉・症のピークが過ぎた

一昨日くらいに鼻水がとめどなく流れ今年は花粉が強いのか薬が弱いのか薬を飲んでいても鼻がつまってここ一週間は寝るときはマスクをして朝起きると口の中がカラカラになっている。去年まではここまでじゃなかった一昨年くらいから病院に行くようにししかし…

渋谷まで何キロ

妻に訊かれて渋谷まで何キロか調べた。渋谷に用があるらしい。用があるのに電車とか道路を調べずに距離を訊いてくるなんて。およそ60キロほどであった。私は距離の感覚がイマイチで「何キロ?」と訊かれるとなんでもかんでも「100キロ」と答えそうになるが10…

ガムが不快に

いつの頃かガムを噛むことに不快をかんじるようになった。何年か前に歯の根元が腐っていると言われ抜こうか抜くまいか悩んだが最後は半分だけ抜くという案で妥協した。インターネットを調べれば抜かずに治す方法はいくらでもありそうだったがそれだけの行動…

もう4時かと思ったら5時だった

本屋へ行き本棚の向こうに円形の時計があり本棚で下半分が隠れて短針が見えず長針が12の付近をうろうろしていたから4時かと思ったら5時だった。本屋にいた。妻を駅に送った帰りだった。妻は謝恩会に行くという。4時10分の電車に乗ると言っていた。本屋で私が…

腸内環境

最近腸内環境が今ひとつなので腸内環境と検索したら広告ばかりでげんなりした。というよりこんなに広告が並ぶなんて初めてだから戸惑った。どこまで行っても広告なのである。いわゆる人気ワードバズワードなのだろう。検索好きからしたらこの程度の広告の量…

さんまの名探偵

「確かに」と言うとき、人は必ず蟹のことを思い浮かべる「確かに」で蟹は思い出さないが蟹でさんまの名探偵で「かにかにどこかにー?」と蟹を操作して任意の箇所をさわったり回したりするのを思い出した。さんまの名探偵は私が小学校一年のときに友達が誕生…

他人を信じず欲を言えば自分も信じない

「根性がない人が仕事を辞める」って風潮誰が広めてるんだろう - ちしきよく。私はこれを読んでまずはバイトにもっと仕事をふるのが良かったと思った。社員だから給料が違うからというのは置いといてできる人できそうな人にばんばんやらせるのがいい。今はブ…

サラリーマンと死

小説家は、サラリーマンが定年になるまで見ることを避けている人生を見る仕事なんですよ。サラリーマンのように働くってことは、いろんなことで時間を潰し、一番大事なことを見ないですましているってことですから。— 保坂和志bot (@k_hosaka_bot) 2017年3月…

水筒に入れた氷の笑い声

タイトルは今朝たまたま手にした「おーいお茶」の側面に載っていた俳句である。私はこれを目にして微笑ましい気持ちになった。私は幼稚園か小学校1年くらいまで円形の陸上自衛隊の子供版みたいな水筒を使っていてあの頃はああいう形が流行っていて大人もあれ…