意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

ヤマキさん

会社にヤマキさんというのがいて私は彼を呼ぶ度に心の中で (......ヤマキコウジ) と呼びかけていてしかし彼の下の名はコウジではないので長い間なんでだろうと思っていたが今日歌手の玉置コウジと一字違いで語感も似ているからついそう名付けてしまうこと…

初恋とすね毛

今朝見た夢に初恋の人が出てきた。お互いに結婚をして子供もいて向こうにも子供がいるのかはっきりしないが何故か私の家にちょくちょく来ていて私の家とは私の実家でおこわを食べていたら母に 「冬休みのあいだはずっとおこわね」 と言われた。サイダーを飲…

自分が10代のころ聴いていた音楽が本当に曲が良くて好きだったかはあやしい

最近の音楽はクソだみたいな記事を読んでそういう考え方もありかもしれないと思ったが私はそこまで自信家にはなれない。クソだとまで言わせるなにかがあるのかという面もある。私も最近の曲にはついていけないと思うことはあるがそれは主として歌詞のぶぶん…

配偶者控除

パートに出ている妻の収入が103万円を超えそうで翻弄されている。105万円だの130万円だの150万円だのこの手の話には本当に壁が多い。多少こえたところで急に税金があがることはないが子供の高校で補助金をもらっているからそれが急に減らされたりということ…

iPhoneは不便

私の妻はiPhoneを使っているが使って3年になるがバッテリーの調子がここにきて悪くなってきている。3年使えたのだから「だから不便」というつもりはないが問題はいざ機種変しようとなったときに大量の写真や動画をどうバックアップとるかがいつもネックとな…

志田未来ちゃん

この前のキスマイの玉森くんのドラマに志田未来ちゃんが出ていて私はそのときまで「しだみくちゃん」だと思ったら「しだみらいちゃん」というのが本当だという。そのときとは妹に指摘されるときということだ。恥ずかしかった。中学のときに陣内孝則を「じん…

ネット脳

実家へ行き妹とSMAPについて話したらだいぶ見解がちがっていた。私は辞めた3人の肩を持っていて妹は3人は飯島にそそのかされたのだと言った。諸悪の根元は工藤静香であると言うと 「それを信じるの?」 と言われた。私は主にネットで情報を仕入れていて妹は…

駅の雰囲気

私の住む自治体は10年くらい前に田んぼの真ん中にショッピングモールができて以来駅などはさびれていく一方だ。今日久しぶりに駅に来てそうかんじた。久しぶりと言っても半年は経っていないと思うがいつもは電車に乗ってどこかへ向かうからあまりそんなこと…

伊予ちゃん

伊代が飛んで「旅館なんかより、テントがよい!」 - 回文春秋確かに伊予ちゃんは少し前に線路に侵入して写真を撮ったりしていたから下手な旅館に泊まるくらいなら厚めの布をピラミッドみたいにしてその中で寝る方がいいと言いそうだ。早見優だっけ? そんな…

12月くらいには何度になるのだろうか

あちーあちー言いながら仕事をしていた。暑かったのである。冷房を入れようかと思ったが同僚は暑がりだが冷房が苦手だと前話していたからよした。夏は頭にタオルを巻いていた。席は冷房のいちばんそばだが平気だったのだろうか。私の前の職場の私の席はとに…

リアガラス

たまに車で走っているときに前の車が車内で試聴している番組が見えることがある。たいがいはワンボックスカーなどの大きな車であるが今日は軽自動車で助手席のヘッドレストの裏側にタブレットを取り付けて「ちびまる子ちゃん」を見ていた。友蔵が何かを言っ…

妻の嫌われエピソード

妻は嫌われエピソードが豊富である。今日も昔にライブに行った帰り道に同行者を邪険に扱ったら完全に無視されたという話をしていてこれは初耳だった。この手の話をよく聞くので学生時代は年の半分は周りに無視されてきたんじゃないかと思ってしまう。友達が…

管理職とはなにか

私は昨日の記事を書きながら(これは管理職について書いているな)と思った。最近インターネットをにぎわしているのは産休をとった女の人の穴を埋めるのは管理職の役割ですみたいな記事で確かに管理職は一般社員よりも裁量があるのだからその人がリソースを…

教師について

学生時代は教師についてよく考えていたように思う。いちばん身近にいる他人の大人だからそこからまだ見ぬ社会だとか世の中というものを推し量っていたのかもしれない。努力とか希望とかそんなものが胡散臭くかんじるようになったのはいつからだろうか。中3の…

今月の週末

ある一週を除いてみんな雨らしい。その晴れた一週を私は三連休をとっていたらしい。さっき言われた。ずいぶん細かいことまでおぼえている人もいたものである。私は昨日は休んだけれどその前の休みがいつだったかも即座には思い出せない。もっとも今日は頭の…

知ってる歌

甥が台所でテレビを見ている。私は今日は仕事を休んでいてそれは夕暮れのことであった。その少し前に妻から電話があって妹が泊まりにくると伝えた。いるのは2歳の甥だけだった。私は帰った。甥の母親はしまむらに行ったという。義母もついて行ったのかもしれ…

暑かった

午後から会議だったが会議室の日当たりが良いためすさまじく暑かった。直前にヒートテックを脱いでおいて良かった。それでも中のTシャツの腕のすそまで汗で濡れた。夏よりかいたかもしれない。一日のうち一番くらいのは夕暮れだと常々思っているが同じように…

ミリ谷きれい

夢に桐谷美玲がでてきた。私は桐谷美玲の子供を育てている。桐谷美玲はそばにはいない。芸能活動に忙しいのである。あるいは私たちは桐谷美玲に捨てられたのである。それでも私は“あの“桐谷美玲の子供を育てているのだから満足だった。子供の父親は私である…

小説

たまにこんな小説いいんじゃないかみたいな夢を見る。私が書く小説である。起きてそのまま書き出すことがあるがやがて日が昇って日常が始まれば書き続けることはできないからいったん中断したらそのままである。最近の私にとって小説を書くことはとても敷居…

遠回り

朝から気持ちが沈んでいたがガソリンを入れるためにガソリンスタンドへ行ってキットカットの大きいやつのバーとコーヒーを買って口にしたらいくらか晴れ晴れとした気になって 「キットカットの大きいやつはビックリマンチョコ食ってるみたいだなー」 と思っ…

衣替えのタイミングを逸す

たしか一週間か二週間前は暑くて天気予報を見るとあるときからがくんと気温が下がり「この日が夏の最後か」などと思ったりした。本当はこの暑いうちに衣替えを実施すれば良かったがやはり暑いから半袖を着たいと思ったから半袖はしまわなかった。それから気…

口の中がヘン

朝会社に行く途中にコーヒーを買って飲んだらそれは温かいコーヒーだったが飲んですぐのときはなんともなかったが麻についてひと仕事終えてからトイレ掃除をしてそのくらいから朝のコーヒーの苦味がずっと口の内壁にこびり付いているようなざらざらした感覚…

期日前投票に行った

ワケあって警察音楽隊というのの演奏を聴くことになり制服はパリッとしているし演奏も悪くないがどういうわけかみんなつまらなそうにしているし一応指揮者が前で手を振るが演奏者が誰も見ていない。こんなものなのかと妻に訊いたら妻もそう思ったと言った。…

動詞がキマらない

会議だった。テレビ会議と呼ばれるやつだがひたすら独り言を言っているようで慣れない。テレビには参加者の顔が並んでいるが自分がしゃべるときには資料をひらくからそれらも見えなくていよいよ独り言である。これまでの人生でこんなに独り言を言い続けたこ…

ゾンビのようなやくしまるえつこ

いまだに音楽プレイヤーの「キュー」というものの性質を理解してなくて私はそもそも長い時間音楽を聞き続けるという週間がなくてあらかじめアルバム何枚もセットするという発想がない。そういえば昔乗っていた車にはCDのオートチェンジャーがついていて同時…

深沢七郎「みちのくの人形たち」

仕事の休憩中に携帯で保坂和志を読んでいたら小津安二郎の映画の話が出てきて岩下志麻が2階の自室で振り返るシーンが不自然でとても生きている人間のものに思えずホラーだとあってホラーだとは書いていなかったが死のなんとかみたいなことを書いてた。そこが…

山下澄人「ほしのこ」

山下澄人「ほしのこ」を買った。本屋で初めて買った。この前芥川賞をとったから本屋でも買えるかなあと思ったら一冊あった。それまではインターネットで買っていた。インターネットで買うことが悪いとは言わないが手元にくるまでタイムラグがあるのが不便だ…

桜井君の学校のドラマ

たまたま家族が録画したものを家族と昼を食べながら見たが面白かった。昼は冷凍のカルボナーラを食べた。一度レンジで温めたが指定の時間とワット数でやったにもかかわらず解凍されていないぶぶんがあってフォークで刺すとじゃくじゃく言って霜柱のようだっ…

意味とは使用

非物質的なアーク溶接棒 - マトリョーシカ的日常こんな名前のブログ(意味をあたえる)だから本文に「意味」と出ると何らかを考えてしまう。意味は使用することによって意味を意味たらしめる。保坂和志風に言うと「運動」である。腕をぐるんぐるんに振って醸…

三分の一の帰り道(散文の一致)

関係ないけど帰り道の残り三分の一くらいで対向車のライトが私の車のフロントガラスを照らして光の加減でガラスの汚れみたいなのが見えてそこに手形があってびびった。何に関係がないのかというとタイトルではなく今日昼間書こうと思っていたことだ。それは…