意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

短歌にちょうせん2

3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」

書こうと思ったら書けたので、また投稿させてください。前回主催の方から「タイトルを歌の中に入れてください」と言われたので、入れました。

はじまりはじまり。


1.雛

うちの雛飾りの説明書は 青いスカートの女がでてくる


2.苺

朝のテレビに出てくる苺おじさんは 実は悪の黒幕です


3.夕

七夕まであと4ヶ月 地方によっては5ヶ月で奇妙だな


4.ひとり言

携帯だと「ひとり言」と変換されず 「ひとり」と「言」を分けて打つ



5.揺らぎ

揺ら揺らぎしぎし 揺れる 義父か岐阜 岐阜は小島信夫の出身地


6.羊

羊を数えて夢などを見 その夢を バクに食べられ 朝ごはん


7.線

☆クイズ☆ 新幹線・連絡船・ほうれい線 仲間はずれはどれだ?


8.バク

バクについ ては6番で 書いちゃった のでそちらを参照してくだ


9.年度末

「年度末 に棚卸しを やります」と かがむ事務員 はみ出る背中


10.信号

赤になれと念じて車に乗ると、全部青信号になります



よろしくお願いします。
※7番の答えは「ほうれい線」(ほうれい線以外は乗り物だということに注目!)