意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

テレビ

あのですね。
さっきテレビを見ていたら、モニターみたいなのが映っていて、画面の下にボタンがずらーっと並んでいて、「ああ、昔のテレビみたいだな」て思ったんです。リモコンができる前の。うちにあったのは、がちゃがちゃ回すダイヤル式のチャンネルだったんですが、一つのボタンが局の所在に割り当てられているタイプのもあったんです。ただ、そういうタイプって、例えば1と2を同時に押したら、一体どちらのチャンネルが表示されるのか、または合わせて3チャンネルが出てくるのか、子供の頃考えたかは忘れましたがそういう疑問があったのですが、ご安心ください、各ボタンにはバネが仕込んであって、1を押しながら他のを押しても、1がおっぺされるような仕組みだったのです。

それと、話は戻りますが、最初のモニターのボタンの並びを見ながら、私はなんとなく野球のスコアボードを連想した。だから、昔のテレビを見た人も、プロ野球とか草野球とか、そういうのを連想したんじゃないかと思う。

そういえば、さっきMステ観てたら、
「今日は重大発表があります!」
と、小顔の小動物のようなアナウンサーが言っていて、その隣でタモリさんが苦笑いしていたので、私はてっきりタモリさんが降板するのかと気が気でなくなり、何故そう思うのかと言えば、昨日なにかで、「タモリ(70)」と出ていて、え? タモリさんもう70なん? ヤバいじゃんとなって、そういう私の感情がタモリを降板に追い込んだんじゃないかと、気が気じゃなかったのである。70とは、年齢です。そうしたら、全然そうじゃなくて、Mステも30周年とかで、秋に特番やりますよー、という発表で、タモリさんが苦笑いしたのは、単に特番がかったるいからだった。私は30周年と掲げてやるのなら、生島ヒロシ有賀さつきも駆けつけるのかと思ったら妻に、
「出るのはあくまで歌手です」
と否定された。

ところでさっきから「周年」と打とうとすると「執念」と出てきて怖い。


※小説「余生」第40話を公開しました。
余生(40) - 余生