読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

高木ブーの言葉を信じていた

私は小学高学年くらいから中学まではテレビゲームに熱中していて、家にはツインファミコンPCエンジンスーパーグラフィックスメガドライブスーパーファミコンがあった。最初に買ったのはゲームボーイで、私の家はテレビゲームが禁止でありその理由が
「テレビの映りが悪くなるから」
だった。確かにそれは正しいが、ゲームなどに熱中されたら、大好きな野球を見れないという父親としての理由もあっただろう。反対しているのは父だった。そういう理由なので、ゲームボーイを買うことには父は反対しなかった。初代ゲームボーイの、外国の複数の男子がトラックの荷台でゲームボーイに興じていたCMが懐かしい。トラックの荷台には幌がかけられていて、荒野のような場所で少年たちはGジャンを着ていた。今思うとゲームより、その日の食料の心配をしたほうが良かったのではないか。電気もなにもない場所でもできますよというアピールだったのかもしれない。食事や寝床はお父さんとお母さんが用意してくれるのか。インディアンは襲ってこないのか。とにかく私はそのCMを見て
「待ってました!」
という気持ちになり、私は常日頃からゲームウォッチファミコンの合いの子みたいなゲームでないかなーと考えていたのだ。そうしたら発売された。

私はこのようにゲームの話になるとついついゲームボーイの話ばかりしてしまう。調子に乗って正月に秋葉原で抱き合わせのファミコンソフト二本と一緒に買わされた話までしたくなってしまうが、それは以前に書いた。抱き合わせソフトは忍者じゃじゃ丸くんと、ドラゴンが姫を助けるシューティングゲームだった。

それでなかなか高木ブーが出てこないから読者も私もヤキモキしてしまうのだが、私がスーファミに興じていた頃に雑誌のファミ通高木ブーのインタビューが出ていて、そのときはスーファミが出て何年か経っていて、プレステとかセガサターンがリリースしたばかりの頃で雑誌では、次世代のゲームハード戦争はどれが制覇するのか!? みたいな特集だった。そこに高木ブーが自論を展開していたのである。高木ブーの主張としては、どこの社が新しいゲーム機を出しても最後には任天堂が勝つのだから、押さえておくのは任天堂の次世代機であり、他のハードは任天堂が出るまでのつなぎである、というもので、私は衝撃を受けた。

私の衝撃とは二種類あり、まずひとつは新しいゲーム機を「つなぎ」と言い切るところであり、確かにスーパーファミコンが出る前まではPCエンジンメガドライブがしのぎを削っていたが、スーファミが出るとほとんど独壇場だった。だから、スーファミがいくらか廃れて新しいゲーム機が出ても、任天堂が新しいのを出せば、すぐに逆転するというのは、ムードとしてあったから、そこまで衝撃でもなかった。第二の衝撃はいつもドリフでは寝てばかりで、カミナリ様のコントでは毎度バカみたいに椅子から転げ落ち、趣味といえばウクレレくらいしか能のない男が、ゲームに関してはかなり辛辣なコメントをしていることだった。ドリフではいかりやに媚びへつらっているだけだった。昨今「遊びは真剣に」という言葉が流行っているが、高木はそれの先駆者であった。

しかし高木の見通しは無様にも外れ、仲本工事はバク点に失敗して跳び箱をなぎ倒し、加藤茶はPTAに呼び出され、志村は優香といちゃつくが籍は入れてもらえなかった。いかりやは天国で「和久さん」とか呼ばれて調子づくのであった。