読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

タートル

朝ぼんやりしていたら、窓際に洗濯物が干してあって、今日は雨が降っていたから部屋干しだった。昨晩妻が干したのである。そこに私の夜寝るときに履くズボンが干してあり、それは柔らかい布の側面に、
「シー・タートルズ
と英字で書いてあって、はて、タートルだけで海亀ではなかったか、と思う。このズボンを見る度に思っていた。履いているときは思わなかった。
「タートルは海亀」
というのを教えてくれたのはトータス松本だった。トータスは陸亀であり彼は陸亀が好きだからトータスなのであった。対してタートルは、タートルズで知った。タートルズは初めはゲームでやって、弱っちくてすぐ死んだ。弱いのは私のせいだったが、ひとり箸にも棒にもかからないような武器のやつがいた。そのあとアニメもいくらか見て、敵のひとりの声が美味しんぼの副部長の人で、一度次週予告で、
「山岡~」
と絶叫して、「だれ?」と同僚につっこまれるシーンがあった。もちろん私は誰であるか存じていた。

私には亀=弱いというイメージがあって、それはコブラという漫画の影響で、コブラがどこかの星にいったらそこで戦争に巻き込まれとある外人部隊に紛れ込んだら、その中にひとり裏切り者がいて、全員容疑者という話があった。そこで真っ先に殺されるのが、亀型の曹長だか伍長だった。それが砂漠地帯で昼間の気温が50度とかなる場所で、だからみんなは昼間は洞窟とかに避難するのだが、そのときに犯人に足を引っ掛けられ、曹長は転倒し亀だから起き上がれない。コブラが助けに行こうとするが、
「馬鹿やろう、お前まで死ぬぞ」
と怒られて、亀型曹長は蒸し焼きになって死ぬのである。だいたいひっくり返ったらリカバリーのきかない弱点丸出しの人が、よく外人部隊なんかに入ったものだと、そのときも今も思ったが星ごとに理屈は異なるのかもしれない。

タートルについてはもう一つ面白い話があって、弟の部屋に英語の時間に書いた文章が貼ってあって、そこに、
「マイ・チームズ・ネーム・イズ・ビーチ・タートルズ
タートル・イズ・ウミガメ(英字)」
と記されていて、「タートル・イズ・ウミガメ」とは、「タートルとは海亀のことですよ」と説明しているのだが、英語圏の人からしたら海亀のほうが意味不明だから、説明が逆説明というか、混沌に突き落としているようで、私は弟の壁を見る度にシュールな気持ちになった。

その隣にはイエモンのポスターが貼ってあった。