意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

短歌の自由201606号


ランプ

ランププププププのプイプイブラ装着 ジェンダーレスならフランプ人


石壁の向こうで励ます生首はテニス部OB顧問はマネキン


境目

境目の堺正章ヒロミ干し干すなら鯵で境目ぱっかん


あばれ

「あはれなり」あばれる君たら一等賞東照宮にて切腹三昧


従業員下から読んだら員業従 意味があったらいいけどなかった


かばん

かばん猫かばんハゲワシかばん蛸かばん湧き水かばん成増


っている

っている。お題について触れますと、文字は四文字音五文字にな


少な

♨「少なっ!」アキコが言った。蒲焼きが一枚足りず、家族は気まずっ!


のうち

のうちには、のうみんぜいが課されます。のうみん蝉がないたら夏だ。


赤組は燃える炎の心です。青組死んだ。焼かれて死んだ


※7月になってしまったのはうるう年だからです。