読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

simを解約せねば

今月中にSIMを解約せねばならぬ。二年前に携帯の機種変更を行った際に、「もう1回線契約すれば安くします」と言われそれに従った。安くなる、と言っても二千、三千円の世界だったと思う。過ぎてしまえば宇宙の塵屑みたいな金額だ。条件として二年契約であり、指定された期間に解約しないとその翌月から料金が発生する、というものだった。そんな面倒臭いことを、と今なら思う。今、たったひとりで文字を並べていればそんな風に思える。しかしあのときは妻と私がいて、向かいには店員がいた。なかなか好感触な人で、たぶん好感触のお礼に契約しようみたいな気持ちになったのかもしれない。妻がiPhone6を選ぶと、
「自分なんかiPhone6プラスで、ぶっちゃけデカすぎますよ!」
と傷だらけの自iPhoneを披露してくれた。過酷な業界だということを示唆していた。Appleストアに発売日に並んだという。銀座である。私は渋谷には行ったことがあるが、通に言わせると渋谷は田舎らしい。ただ、田舎なりの良さもあり例えば予約なしで修理依頼に行っても運が良ければ対応してくれるそうだ。三年くらい前の話だから今はわからない。私は二年前の妻がiPhone6を買うとき、すでにAndroidに移っていた。秋頃に会社の集まりがあって、そこに新品の端末を持って行った。猫がいた。しかし私は猫を写真には撮らなかった。連れの同僚は「にゃんこだ」と言いながらシャッターを切った。その人は今でもiPhoneを使っている。昔はiPhoneがなんとか、Androidがなんとか、と職場でもよく話になったが、また私がスマホデビュー一番乗りで、当時はそんなでかいの誰が使うの、みたいな空気で私は当時はまだ下っ端だから
「今日からお前はiPhone刑事だ」
などと言われたが、そのあと続々とデビューし出して私が設定もろもろをサポートした。そういう時期を過ぎて今はもう誰がなにを持っているのか見当もつかない。