読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

片目

片目になる夢を見た。正確には片目になっている夢を見た。なんて独創的な夢だろうと思ったが、そうではなく、たんに昨夜見た映画の主人公が片目だったというだけの話でしかもラストには片目は両目に戻った。なぜそんなことが可能なのかというと、彼は神だったからである。しかしこの展開はもしかしたら片目が不自由な人を落胆させたのではないかと思った。美女と野獣を見た宮崎駿が、ラストで野獣が好青年に戻るのを見て
「何か違う」
と思って自分の映画では野獣は野獣のままとした、というのをどこかで読んだが、あれはどの話だったっけ? と同じ理屈である。同じとは片目→両目である。神と人間が共闘して古代エジプトナイル川が舞台であったがタイトルはわからない。人間側の主人公の吹き替えをキスマイの玉森くんがやっていたから子供が映画館で見、さらにレンタルが開始されると借りてきて見た。私はさして興味もなかったから適当なところで切り上げることもできたが、結局最後まで見た。子供は映画館では4Dで見たと言った。私は砂漠の風景を見ながら、「ジーザス・クライスト・スーパースター」の映画を思い出した。大変暑い中撮影したと語っていた。ずっと後になって保坂和志「未明の闘争」の中で聖書のペテロがイエスを三回「知らない」というシーンが繰り返し出てきて、しかしそれは冬で焚き火にあたるペテロに心ない人が「イエスの取り巻きだろ?」と訊いてきて私は無茶言うな、と思った。私の知っているかのシーンは真夏でペテロとマリアが井戸の水を汲みに来たところで質問されるのである。だから焚き火にあたるなんてありえないが、そっちが正解なのだろう。ちなみにジーザス・クライスト・スーパースターはアメリカの映画なので、ペテロはピーターと呼ばれ、「アイ・ドン・ノー・ヒム!」と叫ぶ。

そんなことをぼんやり思いながら見ると映画もそれなりに見れた。私は神側のヒロインが萬田久子に似ていると思って家族に伝えたらじゃあ日本版を作るなら他は誰かみたいな話になって、しかしこういうのは美男美女ばかりでる映画では考えがいがない。強いて言うなら人間側のヒロインは世界の果てまで行ってQで一時期出川哲朗が海外でロケしたときにくっついてきた女の子に似ていると思った。その女の子を初めて見たときも私が二十歳くらいのときによくテレビに出ていた、あとで年齢をごまかしていたタレントに似ていた。ここまでまともにフルネームで出てきた人が出川哲朗だけだなんて。

あと映画には燃えるジジイというのが出てきて、私からするとこの映画はひたすらジジイが燃えるという内容なのだが、燃えると言っても燃やされるのではなく、ジジイ自体が燃える、酸素と水素で言えば水素のようなかんじだ。それで燃えるジジイは日本の俳優なら誰? と言ったら妻が柄本明とか言って、キムタクのドラマ見過ぎだ馬鹿やろーと思ったが他はタモリとかとにかく近いの年齢だけみたいなかんじになって、私としてもじゃあ山城新伍? とか思ったりしたが全然違うから、高島ファミリーの誰かに適当にやらせりゃそれっぽくなるだろう、と思う。