読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

70%

だいたい日々の生活だと携帯の充電は70%もあれば保つ。日々とは仕事のある日で休みはもっと減る。少し前は本でも読みながらその間に充電していたが今は本も携帯で済ますようになったから充電がないと心許ない。しかしなんでこんな話をしているのか不明だが70%とは仕事もそのくらいでやりなさいよという嗜みのたぐいかもしれない。そんなことを考えた。100%で家を出てしまうとあちらにばかり負担をかけてしまいこちらも悪いと思ってつい無理をしてしまう。でも世の中にはそんなことに頓着しない人も大勢いた。


朝ぼんやり考えていたことを思い出した。何日か前に「自分の頭で考えることの傲慢さ」について書いた。それを拡張して今はとにかく「自分」ばかりが強調される世の中ではないかと思った。自分の意志でとか自分らしさとか成長とか。私は人生の主人公という言葉が嫌いだ。私は成長とは自分もふくめたあらゆることをどこまで相対化できるかだと思っている。自分が主人公だと思っている人はまだまだ子供だ。そういう発想が悪事につかわれる。罪と罰みたいに人殺しもOKということになってしまう。私は本当の罪とは人殺しの是非ではなくその思考の短絡さだと思う。つまり自分を基準にしてしまえば色んなショートカットが使えるようになる。そういうのがスピード重視効率重視の現代にはまるのだろう。