読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

花粉・症のピークが過ぎた

一昨日くらいに鼻水がとめどなく流れ今年は花粉が強いのか薬が弱いのか薬を飲んでいても鼻がつまってここ一週間は寝るときはマスクをして朝起きると口の中がカラカラになっている。去年まではここまでじゃなかった一昨年くらいから病院に行くようにししかし去年の医者が「薬出すけどこれ市販のと同じです」と言われバカバカしくなって今年は最初から市販薬のみで済ますことにした。花粉症のベテランは行きつけの病院を持っていてシーズンが始まる前から薬をもらったり注射を打たれたりして「もっと早くこなきゃ」と注意を受けるのを自慢の種にするが私はそういう医者にめぐり合ったことがない。そもそも花粉症は何科にかかればいいのかわからない。耳鼻科か眼科というのが普通だろうがベテランに訊くと「なんでもいい」と言う。なんでもいいとは内科でもいいということだ。そこでシーズンいっぱいの薬(1ヶ月とか2ヶ月)をもらい薬の量を自慢する。私は生真面目に耳鼻科に行ったらさんざん待たされた挙げ句に2週間ぶんしかもらえなかった。内科はおおざっぱな人が多いのか耳鼻科が几帳面すぎるのか次も来いということなのだろうが私は行かない。


思えば2010年くらいまで自分が花粉症だとは認めていなかった。2010年の春に公園で電話をしていたら相手に「すごい鼻声だね」と言われ「花粉症かもなあ」と思ったのが最初だ。そもそも私はアレルギー体質で季節かかわらずくしゃみ鼻水が出て幼い頃鼻をすする仕草を父は「ハーモニカ」と名付けた。ハーモニカが出るのは気圧が不安定なときだった。それが成長にともなって徐々におさまってきたのと同時に花粉症が出てきた。というより花粉のアレルギーだけが残ったのだろう。そして年々ひどくなった。


最初は現実を直視しない作戦に出て鼻水が出るのは風邪のせい目がかゆいのは春で眠いからだと自分に言い聞かせたが私は風邪は喉からで一昨年くらいから頭痛がするので春ばかり鼻風邪を引くのは不自然だからとっとと方針を変えることにした。


とにかく今年は夜寝るときが苦しくて不快なのでまずは薬を替えようかと思いネットを物色したりした。これが効く効かないはあまりあてにしないことにした。そういえば去年の医者は最低だったがその前のは鼻の薬をくれてたことを思い出した。しゅっしゅと朝晩律儀に噴霧していた気がする。それは市販では手に入らないのだろうか。


それが今日になって正確には昨日の夜から症状が一気に緩和した。昨日は雨だから花粉もそんなではないと判断したが今日は朝から晴れだし特に雨上がりは花粉がよく飛んでしんどいからこれは花粉か私のほうになんらかの変化があったのだと判断した。昨日お天気を見たら今日の花粉はMAXだとあったから私のほうがピークを越えたのだろうか。