読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

インベスターZの女の子がすごい

インベスターZという漫画を安いから読んでいる。株の漫画だ。ずっと前に一巻だけ読んだ。そのときも一巻のみ無料みたいなキャンペーンがやっていたのである。読んでああなるほどとか思いそれ以上は読まなかった。その前にどこかのサイトでパロディがやっていてそれが破壊的に面白かった。私は辻褄が合わない方が好きだ。真面目な顔をして「なんとなくだ」とか言うのが楽しい。


昨日はひさしぶりに家族で入浴施設に行きその時点で妻も長女もパケ死していた。私は3ギガに届くかというところだった。契約は5ギガなのでなんの危なげもなかった。3ギガのうちほとんどのパケットはGoogle Playミュージックが占めていた。行き帰りの車などで音楽を聞くからである。私はアンドロイドを使っているからアプリごとの通信料が設定から見られるがiPhoneはそういうのがないようでだから把握できない。そういう話を長女にしたら「ほとんどはインスタとなんとかというアプリだ」というからどこで調べたのかと聞いたら
「勘」
と自信満々で言い妻が後ろの座席で吹き出した。私たちは入浴施設に向かう途中だった。私はスマホの機能設定の話をしているのでまるで会話が成立していなかった。しかし誰も人の話など真面目に聞いてはいないのである。聞くのはお金がもらえるかもらえそうなときである。私はインスタは使ったことがないがあれだけ流行っているのだからなんの圧縮もしていなければそこらじゅうの人がパケ死するのでは? よってインスタの通信はそれほどではないと仮説を立てたがおそらく長女の耳には残っていないだろう。そして来月も半ばを迎える前にパケ死するのだ。


インベスターZの登場人物の女が中学か高校かはわからないがそれくらいの齢で「自分らしさなんて後回し」と言い切っていてすがすがしかった。発端は女が「型にはまれ」と言ったら友達が「それじゃあ自分らしさがなくなる」と反論しそれに対して言い切るのである。すがすがしいしこの年齢でそこまでの境地にいくのは恐ろしかった。しかしこの女は代々続く資産家の娘で家には蔵書がたくさんありウォーレンバフェットの本などを読みふけっているからこの言葉も誰かの入れ知恵なのかもしれない。私はバフェットの本を以前に一冊読んだことがあるがそれは株の本というよりエクセルの本という感じだった。しかし全体的には何の装飾もない値に足がついたような内容だったと記憶する。