意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

坂上忍が夢に出てきた

坂上忍と電機屋で飲む夢を見た。ヤマダ電機みたいなところの一角に特設コーナーみたいなのがあって屋台のテーブルみたいなのがあってそこで飲んだ。私は家族親戚一同と参加していて向かいは私の母だった。母と坂上忍はビールを飲んでいた。私は運転だったので飲まなかった。


趣味の話になって私が
「趣味はないし人生の楽しみというものも特にない。暇なので本を読んでいる」
と言うと坂上が眉間にしわを寄せ
「それは問題だ」
と絡んできた。母にも「これは困っちゃいますよね?」と投げかけたが母は黙っていた。母は私の性格を理解していた。私は特に問題はかんじないし趣味とか楽しみとかは自然と持てる人はいいがそうでない人はプレッシャーでしかないみたいな反論をし本当にそう言ったかは忘れたがとにかく坂上忍を刺激するようなことを言った。坂上もムキになってしばらく議論した。


私が興奮してくると母が「少し飲んだら」とビールを勧めてきたので飲んだら坂上が問題視してきた。それは飲酒運転になるとわかっていながら飲酒することよりも一度「飲まない」と宣言しながらすぐにそれを破ってしまう「男らしくない」問題視であった。


少しすると坂上忍の携帯のバッテリーが切れ(あるいは切れそうになり)私にモバイルバッテリーを売れと言ってきた。モバイルバッテリーはこの宴席の前にビンゴ大会みたいなのがあってそこで景品としてもらったものだった。坂上は
「800円で売れ」
と言う。私は安すぎると思ったので「4500円」と突っぱねこれはお互いが少しずつ譲歩して中央値になるやつだなと思ったら坂上は一向に上積みをする気配がない。仕方がないから隣の知らない人にいくらが妥当かと訊ねると
「4000円」
と答え坂上は悔しそうにした。しかし坂上は私の目を盗んで充電していたようだ。


帰ることになったので私と母は親戚に頭を下げて店を出た。マッサージチェアに座っている人もいた。とちゅうでパン屋に寄ることになってそこで母にアーモンドとココナッツとどっちがいいか訊かれ私は断然アーモンドだったが試食のココナッツを食べたら揚げたそら豆みたいな味がして美味しかったが時すでに遅しだった。その場で騒ぎ立てれば間に合うタイミングだったが私は言い出すことができなかった。私の過去に言い出せなかったことは山ほどある。パン屋を出て私はそこで車を置いてきてしまったことに気づき母に報告したら公共施設だからしばらく置き去りにしても問題ないだろうと言われた。ここからさっき坂上忍と議論したのが電機屋だったのかあやしくなってきた。


家に帰って景品のモバイルバッテリーを自分の携帯につなぐとみるみる私の充電は減って一気に残り1%になってしまった。これは坂上忍の呪いだろうか。


起きたら妻が朝マックを買ってきた。