意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

うんこ味のカレー

小学生のころから「カレー味のうんことうんこ味のカレーならばどちらか」という問題があって頭を悩ませたが何年か前に「食べるならうんこ味のカレーだな」と結論にいたり考える度にその判断は強固なものになっている しかし巷では「カレー味のうんこ」を選ぶ人が多いようにかんじるがいくらカレー味だからといって人(またはナニカ)の肛門から出たうんこを食べたいなんて思わない しかしはて動物や昆虫ならば食べられるかもしれぬ 何かの着色料は虫のうんこなんて話を聞いたことがある そもそも「カレー味のうんこ」と百回くらい言っているが何のうんこなのか誰も教えてくれなかったし自身も深く考えなかった これからは「どっち?」と訊かれたら「うんこによる」と答えようと思う


しかし人のうんこだと条件づけするならばうんこ味のほうにしようと思う 今「あなたの知らない脳」という本を読んでいるがこの本を読むとやはりうんこではなくうんこ味を食べることのほうが自然だということが納得できる 始終うんこの話をしている本ではないが


あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

あなたの知らない脳──意識は傍観者である (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)