意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

人間やめる

振ってかかる仕事量が私のキャパを超えて早数年、半年前からタスク管理についての本を読み、タスクを管理するようになった。それまでは私からしても周りからしても明らかに仕事があふれかえっており、締め切りを守らないのが通常だった。「締め切りを守るのはむずかしい」と正直に言うと「じゃあいつまでならできる?」と質問されるのが常なので、適当な日にちを決め、過ぎたら謝るほうがずっとコスパがいいと気づき、とちゅうからそうしていた。振ってくる方も忘れることも大半なので、忘れ去られたらラッキーだった。そうして私はやりたい仕事だけをやっていた。あともうひとつのテクニックとしては、とりあえず手をつけてつまづいた状態で放置すると見栄えがいいというのがある。


しかしこれは私の配属先が全体的にカオスだったからできたわざであり、徐々にそれが変わってきている。つまりやる気になれば終わる仕事が増えてきたのである。私のキャパと仕事のレベルの釣り合いがとれるタイミングが増えたと言い換えてもいい。去年もむちゃくちゃな仕事はあったが、振ってきた方が先にKOされるというラッキーゴールがあったので有耶無耶にすることができた。手が届くようになるとなんとかしようとするのが人の性である。


とりあえずやるべきことを書き出すだけである。そしてそれをいつやるか予め決めるのである。おかげで書き漏れたものはいつまでも放置されるようになった。今はいろんなツールがあって仕事を消化すると行を消せるのでそれが気持ち良く、逆に消せない仕事はまったくやりたくなくなるのである。スケジュールも組むので進捗の遅れがすぐにつかめるようになった。これができるようになると今までよく感覚でできていたなと思うようになる。


スケジュールを決めると気が乗らない仕事も躊躇している場合じゃない、となってすぐ取り組むようになる。その後があるから遅れてはいけないのである。それはとてもいいことのように思えるが、私は人間味が失われたようで味気ないかんじがする。だんだんと仕事以外でもやることリストを作成しそれを消化するようになると人間をやめてしまったような気にすらなる。だらだらとしているときが一番人間味がある。

寒いし眠い

「雪でも降るんじゃないかしら」
と事務の女性が言った。この人は昔の職場の事務の同僚の人に似ていて頑固でプライドが高い。さらにできるだけ自分の責任にならないような行動をとる。仕事の優先順序に柔軟性がなく依頼をした人はやきもきする。昨日も上司が一生懸命テプラと格闘しているから聞いたら頼んだことになかなか手をつけてくれないから自分でやり出したところだと言う。私もテプラはいつもノリで使っていてたまに「この段落?」と問いかけられるがエンターを連打してごまかしてしまう。今の私のメイン業務は話し相手と監視員で誰それが早く休憩に入るから見張ってほしいと言われ物陰から見ていた。そこで証拠をつかんで注意をすることもあるが、大体は「確かにちょっと早いねー」と言って終わるのである。ついでに飼い犬の話も聞けば十分なのである。

タイトル

私はこのブログサービスを利用していていつもスマホで投稿している。スマホの入力フォーマットだとタイトルと本文が別々のフォームで、本文を書こうとするとタイトルが隠れてしまう。スマホの画面は小さいから少しでもスペースを広くとろうという配慮だが本文を書いているうちにどんなタイトルだったか忘れてしまう。本当は昨日にこのことを書きたかったのだが脱線したまま戻ってこれなくなった。マメな人ならばタイトルをたまに見返してきちんとタイトルと本文がちぐはぐになっていないが確認するだろうが私はそういうことはしない。昔誰かが拡散する文章と私の文章か誰か他の人の文章かをそう評していて、確かに私の文章は収束するものではない。私はうねりのようなものが出せればそれでいいと思うけれどなかなかそういうときは来ない。

本文

私はこのブログサービスを利用していていつもスマホで投稿している。何故なら私はPCを持っていないから。私は今でこそユーチューブやらインターネットを熱心に視聴するけど少し前まで全然やらなくてしたがってPCを買った当初はセッティングとか窓の杜とか楽しかったがやがて飽きた。初めて買った端末はDELL製だったがいくらも使わないうちに壊れた。幸い保険に入っていたから修理は無償でできた。本体の梱包材の透明のフィルムを使って子供とテレビごっこをして遊んだのはいい思い出だ。それからiPadも画面に縦線が入って立ち上がらなくなったから交換したし、その後買ったノートPCも壊れた気がする。私が強力な磁気を帯びているんじゃないかと思うくらいよく壊れたがここ数年はそういうことは起きていない。だからたまたまなのだ。以前勤めていた会社でUSBメモリが二本立て続けに読み込まなくなってウィルスか? と思ってあわててシステム部の人のところに行ったらものすごくめんどくさそうに自分のところの穴に差してそれから「故障です」と冷たくあしらわれたのは悪い思い出だ。その後会社のPCの一斉アップデートだかの設定でやってきたときは別人かと思うくらい物腰がやわらかくて尚更気分が悪くなった。確かに優しい顔をしていると際限がなくなってしかも相手はどんどん図々しくなるから線を引くのは仕方がない。しかしそういう人は潔く嫌われ者の道を歩むべきである。と言いたいところだが私もそうはなれない。私が嫌なタイプは頭を低くしつつ無茶な要求をしてくる人である。本人はここまで頼んでいるんだから許してよと言いたいのだろうか。

一貫性を保つのはむずかしい

読まないこととか、読むこととか。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

いぬじんさんの「2021年以降、これまでとは全く違う自分を生きている」という文を読んで私も今は違う自分だなと思った。私の場合は2018年で自発的に生きたわけではなく、今までと違う部署で会社の意志で生かされた。会社の意志で、とか言うと今の会社はそういうのは気にくわないみたいな雰囲気だが私も周りも部署が変わっても仕事は大して変わらんよねと思っていたら違った。色んな歯車が狂ってしまって元通りにならなくなり、しかたなく1から作り直すようになった。その間に上司が替わりいなくなった上司が戻ったり突然キャンピングカーを買ってやめたり、最後は組織編成そのものが変わった。そんな風に上空は雲が流れるみたいにどんどん雲行きが変わったが、地べたに張りつく私は基本的にはカオスな状態が維持された。それは今も進行中だがとりあえずまた文章をつづる気にはなってきた。しかしどんなことを書いていたか、どんな気持ちで書いていたかは今ひとつ思い出せない。小説も以前ほどは読んでいない。それと関係あるかはわからないが、それほど文章を書いていても面白くない。


ところで書くことがあまりないのでこのまま公開しても良かったがとりあえず一旦編集を完了してプレビューみたいなのを立て読みしたら「生志社」というのが出てきてアマチュアの哲学者もどきが人生のひがみみたいなのをひたすら綴った同人誌を出版する会社名みたいだと思った。「いきししゃ」と読んで生者と死者を行ったり来たりするのである。生きてるときと死んでるときは実は同じかもしれないと昔ブランキージェットシティーの人が言っていた。

痛いのは自分

土曜の夜中に子供から電話があって運転している車がパンクしたと言ってきてとりあえず保険会社に電話するように言ったらレッカーが車を迎えにくるが人は乗せてくれないと言うから私が迎えに行った。片道30分くらいの道のりで夜中だったのでもっと短い時間で着いた。若い頃によく通った道だった。土手の前に急カーブがあってコースアウトしそうになったことがある。私の子供も今は若いから無茶な運転をしたのかもしれない。特に文句は言わずに乗せて帰った。私はその他にも鍵の閉じこめを2回やったし免許取り立てで父親のセダンを思い切りこすったこともある。ガレージの壁が思い切りへこみ、そのガレージは叔父の経営する洗車場だった。私はその後大学を卒業してそこでアルバイトを始めた。はっきり言って楽な仕事だったが叔父にはよく怒られた。怒られていないときもとにかく話好きだからいつも様々な話を聞かされた。保険の話もあって過失割合というものもそこで知った。事故を起こしてどっちが悪いとかは知らないけど痛いのは自分だから、というのは良い文句だったと思う。考え方として追突された車のドライバーが過失割合が10対0の0側で儲かったみたいなのがあるが、それとは別の過失の有無に関わらず事故はあわないのが一番ですよという考え方だ。また事故は自分が気をつけていても起こるときは起こるというのもあった。車の営業はみんなそういう風に考えるのだろうか。あるとき1回で5事故起こしたドライバーの話をしたがそれでも叔父は運転手の技能とか人格に言及することはなかった。おかげで運転や事故に関しては寛容に考えられるようになった。

夏を待ちきれなくて

JRに乗っていると駅でスキーのポスターを見かけることがよくある。そこにはコピーというものがあってそこに「冬を取り戻すんだ」とある。私はそれを読む度に頭の中でTUBEの「夏を待ちきれなくて」が流れてしまう。これは季節こそ反対だが自然の摂理である季節の移り変わりを思い通りに終始したいという傲慢さを表しているという部分で共通している。だからなんだという話だがTUBEは中学時代によく聞いた。


子供の習い事の催しがあるので見に行った。妻が「川越のあそこだよ、わかるでしょ?」と場所を聞く私にとても大ざっぱな指示しか出さないので仕方なく川越駅に向かった。そこからナビをしてもらってたどり着いたが私には馴染みのない場所だった。逆に妻は自分の仕事などでも利用するので馴染みがありすぎるらしく、自分が知っていれば誰でも知っていると思うのが妻の思考なのだ。よく仕事の技能について自らが身につけたものに関しては「これくらい誰にでもできるよ」とプレッシャーなのか優越なのかそういうのと同じ類だ。妻は時間に関してもルーズなので思った通りの時間には到着できず入口には他の人がたくさん並んでいた。小さい子供連れが多く子供たちは手すりを必要以上に撫で回したり地べたに座り込んでニンテンドースイッチに興じたりと親たちを苛立たせた。私もトイレで用を足していたら後ろで子供が「今3人いる!」と大声で現状を確認しているから恥ずかしかった。終わった後に「これで2人だぜ」と言いたかったがすでに姿を消していた。子供はすばしこいのである。