意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

砲丸投げがしたい

体育苦手だったけど社会に出たら全く困らなかった

私も体育が苦手で高校時代はハンドスプリングかヘッドスプリングができないと補習というのがあって補習を受けたら練習したらできるようになって教師が「2!」と私を大声で評価した さらにハンドスプリングができれば3だったがずいぶん汗もかいたし満足もしたから2でいいやと思ったからそれで帰った 結局できなかった人は武道場を走らされていて私は走って済むんならそれでも良かったなと思った 子供のころは出来ないことを恐れつつそれでも強制する教師や大人を恨んだが大人になると「できません」という人の落としどころで手を焼く むしろこっちの苦悩を悟って舐めた態度をとっているようにすら見える 


引用の記事では役に立たなかったと書いてあるが私はやはり嫌な出来事が今の自分を構成していることを否定できないから率直に「体育あって良かったね」としか思えない それに過ぎ去ったことだからもうこだわる必要はないのである 役に立たないことは止めましょうが近代的合理主義というのならまず切り捨てるべきは過去である 昨日嫌だったことが今日も嫌かどうかは確率の問題だし単に嫌と思いたいだけかもしれない それがアイデンティティかもしれない 私は小学生のころは作文は苦手で宿題は母に書いてもらっていたクチだがそんなことをここ半年くらい忘れていた 覚えていたころは苦手な自分が書く文章がなんかブランディングされているような特別な感情を抱いたがようやくそれから解放されて「書くから書くんだよ」みたいな境地に近づいた


高校の体育で1回か2回だけ砲丸投げの授業の時があって私はボール投げが極めて苦手だったので砲丸投げも投げやりだったがあるとき自分の体重が砲丸に乗る感覚があって記録も伸びた しかしそれが最後の一投か二投だったのでそれ以来砲丸を持つことはないのでどこかで初心者でもカジュアルに砲丸が投げられる場所があればと思う 例えば数学とかは大人になってもすぐにできるのだが

NKB

職場の移転にともない片付けをしていたときに古い社員証が出てきて私が若かった しかしそれが良かったとかそういうポジティブな感情にはならずジャケットもネクタイもぜんぶ借りたものだと思い出した ふてぶてしい顔の右頬にはニキビがあった 写真でわかるくらいだからかなりの大粒であった


風呂上がりに鏡を見るとその、社員証と同じ場所にニキビができていた 私の頬は若干こけていてくぼみに差し掛かったところに突起ができた 家人に報告すると「ふうん」と言われた 洗面台に戻って歯磨きを始めると箱が落ちた ボラギノールとパッケージには書かれていて家人は痔なのだと判断した

阿藤快

妻がラルクラルクアンシエル)が好きで「歌がすばらしい」とか言っていたから
「それ阿藤快みたいな人が歌っていても同じこと言える?」
と私はいつも訊いた 今思えば大人げないが当時は阿藤快も生きていたのである というか阿藤快が死んだなんて信じられない ある日の昼間のサスペンスにオカマの容疑者役で取り調べを受けていたと思ったら夜はバラエティーに出ていて
「今日は阿藤快の日だな」
と思ったのを覚えている サスペンスははぐれ刑事純情派だったかもしれない 取り調べしたのはやっすぁんである やっすぁんとは安浦刑事で安浦も死んだ


私ははぐれ刑事が好きだったがそこまで熱心に見ていたわけではないのでWikipediaのページを見ると新発見があってもう3回くらい読んでいる

私は映画を見ている

会社の人が映画「オデッセイ」の話をしていてあれは「アポロ13」の影響を受けているみたいな話で私は少し前に小説「火星の人(オデッセイの原作)」を読んでいたから話に加わることができた アポロ13も見たがほぼおぼえていない 私はインターステラーは面白かったといいあのやたらと頭が小さい・そのせいか世間をお騒がせ気味の女優の名が出てこなくて困った 「不思議の国のアリス」にも出ていた気がする その後何本か映画の名が私の中から出てきて私は自分で「映画割と見ているなあ」と思った しかしそれらを映画館で見たのか家でDVDを借りてみたのか定かではない


池袋の映画館で螺旋階段にたくさんの人が並んでいる状況は覚えているがそのとき何の映画だったかについては定かではない

新しい靴下

仕事用の靴下をワークマンで買っているが前回少し安めのやつを買ったら少ししてから穴があいた 少しで少しだからちょうどいいのかもしれない 足の裏の部分がじょじょにすり減り穴があいていなくても擦り切れてすけすけの状態のもあった 四足セットだが三足はダメだった 親指とかではないから裏なので目立たないのでそのまま何度かはいだが靴に履き替えるときなどひんやりした 晩秋である 買いに行くことにした 前々回と同じのにして今日はいたら絨毯の上を歩いているようだった

圏という時は遺影に似ていると圏央道の看板を見ながら思った 標識のフォントが話題になったことがある こうして普通の文字で圏を見てもせいぜい額にハマったゴーゴンにしか見えないがあの独特のフォントだと遺影に見えてしまうのである 


圏央道といえば私の家のそばまでくるというときに工事が遅々として進まず年度明けに開通というのが無理なんじゃないというと「国家威信だから通らないという選択肢はない」という人がいてこの人は単に国家威信という言葉が使いたいだけなんだと思った