意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

バッテリーが心許ない

今月でNexus6pに機種変してちょうど2年が経つがバッテリーの劣化が著しい 突然シャットダウンすることが増えた 残量が50%を切ると危険水域だ 妻も秋くらいまでしょっちゅう
「まだ30%なのに切れた」
とか騒いでいた 充電中だろうがお構いなしにいじくり回して0%とか100%とかまったくバッテリーに配慮することもなくかなりハードに使いまくっていたので仕方がないと思った “0%とか100%“というのはよく聞くのはたまには0まで使い切ってから100まで充電するのがいいですよみたいなやつだ 私は昔は休みのたびにそういうことをしていたが今は割にいい加減だ 調べるとバッテリーの負担を減らすよりも強い電圧よりも弱いのがいいというのでコンセントではなくPCのUSBで給電するのがよいとあった 私の会社にも電圧マニアがいてこの人に「充電しながらスマホやる」と言うと「それはバッテリーにかなりの負荷をかけている」と怪訝な顔をされる この人は仕事全般に対してもマニュアルや字句にこだわる人で話をすると充電しながら放電するのが許せないという性格なのがよく分かる 今日も突然「事後申告を事前にするのはなぜ?」と質問され内心たじろいだが会社の方針だから仕方ないことと本当に事後にやることの猥雑さが実利に合わないことをバランスよく説くことができた 私は妻からすると几帳面なところを煙たがられるがこの人からしたらかなりおおざっぱで適当に見えるだろう プロセスを大事にしすぎる人はそういうことを趣味として割り切って日頃はもっと適当にやってほしい

最近のコンビニは

最近のコンビニは接客が向上していると教えてもらった 美容師にである 何かそういうマニュアルが出回るようになったのか 私自身学生時代と学生を卒業して2年近くコンビニのアルバイトをしていたが接客について何か言われたことは全くなかった 私はセブンイレブンで働いていてセブンイレブンは当時は他のコンビニに比べて厳しいみたいなことが雑誌などに書かれていたがそれはまったくのウソでそれはそこのオーナーによるところが大きかった FCと呼ばれる本部の人がたまにやってくるがその人がアルバイトに直接何かを言ってくることはまずなかった ただとちゅうでFCが若い人に代わってすると急に女子高生のアルバイトと仲良くし出したから気持ち悪かった それまでは白髪のおじいさんみたいな人だった オーナーはアル中で朝に会うといつも手がむくんでいて「ほれ」と見せてくれた 裏に焼鳥屋があってそこでいつも飲んでいた


言われてみると最近のコンビニの店員は丁寧な気がする 少し前にバカに乱雑に商品を扱うなあと思って名札を見たら「店長」となっていてアルバイト以外の質は下がったのかもしれない あと一昨日にこれはコンビニではないが仕事で電話をしたら終始半笑いでしゃべる人が出てなんだか馬鹿にされているみたいで気分が悪かった よほど「お前の態度はなんだ」と説教したかったがよした 思い返すと説教したい欲求にかられてもまだ実際に説教したことはない 客という立場を使って説教したくなるなんて私も「お客様は神様」というクチかもしれない でも言わないのだ むしろちゃんとした会社の社員がそういう態度で許されるんだからと安心できるぶぶんもある 美容師は「電話だと男が圧倒的不利」と言っていて確かに妙にボソボソしゃべる人とかあと年行った人はたとえ敬語でも総じて偉そうだ 女の人はだいたい爽やかだけど妙に調子がいいのもいる(約束をすぐ忘れる)

苦手な文章

過度に客観的に書かれたというか冷めた目線の文章が苦手と気づいた クールを装っているがその実「俺ってオシャレでしょ?」みたいな自意識が漏れ出てしまうのが鬱陶しい オシャレというか特に笑かし系の記事だと過度な冷静さが自分の考えた笑いに確信を持っている風に見えて萎える 思い切りバカなことをやっているのに大真面目なふりをされると嫌悪すらおぼえる 


冷静な語り口で笑いをとる文章といえばさくらももこ原田宗典を連想するどちらも十代のころさんざん笑った たださくらももこは無理して笑いをとっているかんじがするときがあってやはり萎えるのと原田宗典は家族の話になると途端につまらない 「父親がカーブを投げられて感動した」という話は何となくおぼえている さくらももこは学校で先生に怒られているとき家でお母さんはまさか我が子が先生に怒られているとは思うまいみたいな詩に共感した というか今も書きながらちょっと泣きそうになった 私は子供の頃はほんとうに忘れ物が多くてしょっちゅう先生に怒られた 今思うと親ももう少しフォローしてくれても良い気がしたが自分が親になると子供の忘れ物に気づいても「まあなんとかなるだろう」と思ってしまう 今の子はそんなに怒られないだろうし アニメのドラえもんやカツオで廊下に立たされるシーンで父親が「人権侵害だ!」と憤慨していたが今は本当に問題になってしまう 子供が具合が悪くなると担任が電話をかけてくるくらい大事にされているのである でも担任が子供を全員さん付けで呼ぶのはなんとなくさびしい 私はクラスメートの女子のボスみたいなのが下の名前を呼び捨てで呼んできたらそれがすっかり定着して担任もそうやって呼ぶようになったがちっとも嫌ではなかった 機嫌がいいと「ちゃん付け」で呼ばれたりしたがそういう担任がかわいいとすらかんじた 担任は女でだまし討ちをするようなぶぶもあったが全体としては悪くなかった 私は三組で一組の担任は数年前に当時のクラスメートが集まって定年祝いをやったらしいが私のクラスはまったくなかった 一組は私の元いじめっ子もいたから人でなしの集団だと思っていてそんな定年祝いをするなんてヤクザは人情に厚いみたいな話だなと思った しかし三組も実は開いていて私が呼ばれなかっただけかもしれないがそれでも私はそうだったら嬉しいと思うくらい当時のクラスが好きだった だからと言って今会いたいとか話をしたいと思う人はまったくいないが

99.9を見ている

最近家に帰ると松潤の表題のドラマが流れていることが多くそんなとき家族ばかりなぜか凶暴的になっていることが多い 凶暴的というかやかましいというか すでに私以外の家族は何度か見ているので話自体は知っていてそのため私が見ていてもお構いなしで大声で話し続ける 試聴にかなりの集中力を要するドラマと言える 新しいシーズンのが始まってそれはきっかり最後まで見た 妻は榮倉奈々のほうが良い・木村文乃はいつも暗い人間の役ばかりやっていると言っていたが妻は向井理の「神の舌を持つ男」の木村を知らないのである あの木村文乃を初めて見たときには声優の水樹奈々がドラマに出ていると思ったら木村だった あのブルトーザーみたいなおじさんとの掛け合いが楽しかったがブルトーザーおじさんが几帳面に突っ込むのがだんだんと見ていて疲れるようになってきた 思い出すと楽しいので見るより思い出すドラマだろう 初めてブルトーザーおじさんを見たときには学校ものでかなり性格の悪い教員の役をやっていたから今でもそのイメージが強く最近のお茶目なかんじにはついていけない


松潤のほうは相方にラーメンズの人が出ていてこれは毎朝見ているシャキーンのジュモクさんの声だから親近感がわく 歌舞伎の隠し子の人と弟が昔ワイドショーの司会をしながら自己破産した人はどうでもいいが自己破産の人はそういえば大門道子ではオネエっぽかったから若干そのイメージは残る

キャラが立ってない

誕生日プレゼントという行事が嫌いでロクなものをもらったことがない 例えばエーさんは車が好きだから車関連のもの ビーさんはスニーカーが好きだからそれに関わるものと誕生日プレゼントとはその人の趣味とパーソナリティによって選定される あとはシーさんはダイエット中だからこんな器具をみたいな具合に 理想のプレゼントは買うほどのものではないけどあったら絶対便利なものという考え方もある しかしこと私にかんしては他の人から見るとぼんやりとしたイメージしかないらしくよくわからない置物とかもらう あげる側の苦心が伝わってくるような渋い色のしたカエルの置物だ 背中がデコボコしていて付属の棒でこすると鳴き声のような音がするのである あげた側が一瞬で忘れるような代物だ あと前には超神水を入れる急須をもらった 超神水とはドラゴンボールの悟空がパワーアップするための水でたしか本当にただの水だがそれを所持している猫のすばしこいのと追いかけっこをしているうちに素晴らしい筋力が手に入ってその後飲むからまるでパワーアップする水のようにかんじてしまうみたいな話だった しかしさらなる強敵が現れたときに今度は本当にパワーアップする水というのが出てきたとプレゼントしてくれた友人は話していたが私は全然おぼえていない そういえば何年か前にドラゴンボールの愛蔵版を貸本屋で借りて読んだがそんなシーンがあったことすら気づかなかった 私がドラゴンボールで印象的だったのはピッコロ大魔王が出てきたときにそれまでののほほんとしたかんじが一気に消えてクリリン亀仙人も死んで物語の緊張感が高まったところで悟空もやられたときにヤジロベエに会ってヤジロベエがタンバリンだかシンバルンを一刀両断にしてその肉を焼いて食っていてそのほのぼのしたかんじに一息ついたことである

いつお風呂に入るか問題

いわゆる脱衣場と呼ばれる場所で歯を磨くがそこはよく洗面所とも呼ばれる しかし洗面所で顔を洗うのは私くらいだ 私以外の人は台所の流しで顔を洗い歯を磨く さすがに化粧や髪のセットは洗面所と呼ばれる場所で行われるが義母などは台所で髪を染める 私は両親に台所で手を洗ったりすると
「台所で手を洗うな」
と散々怒られたので台所で歯を磨くことに大変違和感をおぼえたがやがて私もそうするようになったがやっぱり気持ちが悪いので洗面所で磨くことにした


しかしそうなると他の人の風呂と重なると非常に不便だということに気づいた 洗面所は脱衣場とも兼ねているので誰かが着替えていたら入ることはできない 完全に風呂に入ってしまえば問題ないが脱衣場もカーテンが閉められていてまさか開いて確認するわけにはいかない 仕方がないので耳を立てシャワーの音がしたら入るようにしている シャワーの音がするということはシャワーを浴びているから脱衣場は不在ということだ 息をひそめる私は痴漢のようである 廊下の床が冷たい

病院ではWi-Fiが

健康診断でした レントゲンのところの人がいきなり窓口にいきなりNECのノートパソコンをどかっと置いたのでぎょっとしたらWi-Fiが飛んでいないらしい 病院に限らず誰に対しても「○○だよねぇ」みたいなしゃべり方をする人がいる 私の会社にもいて電話口で話したら妙に馴れ馴れしいなあと思って少し後にオンライン会議したら坊主のメガネで明らかに年下でイメージと違って驚いたがその後じっさいに会うことがあり会ったらそのときはいくらか髪も伸びていてより幼く見えた そんな人が私にタメ口を聞くのである


電話口でウィルスバスターがどうこうと言っていて世の中で発される「ウィルスバスター」はその9割がネガティブな文脈で使われるという仮説を立てた