読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

子供がかわいいとはあまり思わない

他人が子供を連れてきたら「かわいい」と褒めるのが社交辞令みたいな記事があって読んでそういえば私はあまり子供をかわいいとは思わないことに気づいた。だからと言って積極的に嫌悪を抱かないが他人の子なら「ああ面倒くさい」とか「関わりたくない」と思う。子供は手がかかるし未熟だから自分でもそれが当然だと思っていて王様のように振る舞うからである。私は決して下僕ではないから自分のプライドを守るためにそこのところをわからせたいと思うがそうすると周りからは変な目で見られる。あるいは私がそういうことを主張するとみんなは冗談だと思って笑うのである。確かに100パーセントマジかと言ったらそれは嘘になるが割と私は本気で「お互いを尊重しようぜ」みたいなことは言う。本気だから当然幼児語赤ちゃん語などは使わない。そういうのは場合によっては相手を下に見るような態度にとられるからである。


私はそういえばかなり幼いころから子供が王様のように振る舞うことに我慢がならなかった。たぶん小学校低学年のころに幼児が遊ぶような極端に浅いプールで四歳くらいの女の子が優雅に泳いでいたんだか水中ハイハイしていたんだかとにかくその調子に乗った表情に我慢がならなくてよっぽど水をかけてやろうかと思ったが私が100パーセント悪いことになってしまうから止した。