読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

ザリガニくん

ザリガニくんとは、毎朝平日朝7時からEテレでやっている、「シャキーン」という番組で、ごくたまにやっているドラマで、私はザリガニくんがとても好きだ。

ザリガニくんは眉毛が太くてつながっていて、目がぎょろっとしていて、始終ニヤニヤしている。髪型ももっさりしていて肌は汚く、体型はまあ普通だけど、ここまで悪く書いたからでっぷりしているイメージがある。つまり不細工だ。

それにも関わらず、ザリガニくんはとても女にモテる。毎回違う女を連れている。女はみんなお洒落をして出ており、ザリガニくんが好きらしく、いつも
「ザリガニくん、ザリガニくん」
と声を弾ませる。例えば一緒にご飯食べにきて、「わー楽しみ」とか言ってるけど、楽しみなのは食事ではなく、ザリガニくんと過ごす、今この時なのてある。

そしてここからが醍醐味なのだが、そんな女たちにザリガニくんは冷たく接し、振ってしまうこともしばしば。私が最近見たストーリーでは、パン屋をオープンしたザリガニくんのもとに、OL風の痩せ型の女が花束を持って現れ、ザリガニくんは喜んでそれを受け取るのだが、そのお返しに、手作りのパンと称して、ゴミを押し付けるのである。ゴミでなかったかもしれない。

また、つい昨日見た話は、トンカツ屋にやってきたザリガニくんと女がいて、そこはザリガニくんの行きつけらしく、そんなところへ連れてきてもらった女は、すっかり有頂天になっている。そこでザリガニくんは
「ここは、カツ丼がおススメなんだ」
なんて言って女にカツ丼を注文させた後、自分はちゃっかりカツサンドを注文するのである。用意周到である。

そして女の頼んだカツ丼は蓋をあけると上下逆、つまりカツの上にご飯が乗っていて、女は度肝を抜かれる。一方ザリガニくんの頼んだカツサンドは、カツの間にパンが挟まっていた......。

この日はメインのシャキーンのほうが「逆さまの回」だったから、ザリガニくんもそれに合わせたのだった。ザリガニくんは私の今イチオシのドラマだが、毎回必ず放送するわけではないので、見る人は注意してください。

お知らせ***

こちらで「西門」という小説を書いています。

月~金曜日の、朝8時に更新しています。NHK連続テレビ小説にぶつけた感じです。よければ連続テレビ小説は録画し、ぜひこちらを読んでください。よろしくお願いいたします。