読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

さんまの名探偵

「確かに」と言うとき、人は必ず蟹のことを思い浮かべる

「確かに」で蟹は思い出さないが蟹でさんまの名探偵で「かにかにどこかにー?」と蟹を操作して任意の箇所をさわったり回したりするのを思い出した。さんまの名探偵は私が小学校一年のときに友達が誕生日プレゼントに買ってくれと言うから母に相談したら「高いから違うものにしなさい」というからなんだかよくわからないカードゲームみたいなのを買っていったら「んだよ」みたいは反応をされた。私だけでなく色んな人にこいつはAというゲームあいつにはBというゲームとおねだりしまくっていたらしい。私はまだ幼くしかも当時はファミコンは家になかったからソフトの価値というかプレゼントとしてのボリューム感みたいなのがわからなかった。私が後にハマるBB戦士なんかより全然高いのである。BB戦士は300円とか500円だからプレゼントとしては最適だったかもしれない。BB戦士はとてももろく昼ご飯を食べて気を抜いたときに踏んづけてぼきぼき折ったりしたから部品取り用として同じものをもらっても嬉しかった。なんせ3歳年下の妹が誕生日にくれたくらいだから手頃である。


それから10年とか経って私は音楽を聞くようになり今度は妹にハービー・ハンコックのヘッドハンターズというアルバムを買ってもらった。私は当時はドラムを熱心にやっていてドラムマガジンも熱心に買って読んでいてその中のジャズ特集でこのアルバムが紹介されていた。サティかどこかのCD屋であるとき妹が買ってくれるというから選んだのである。千円くらいしかしなかったから妹はそれでいいの? みたいな顔をした。良かったのである。私は結婚するまで妹とはプレゼント交換をしていた。しかし私が妹に何をあげたかはまったくおぼえておらず私がもらったのもBB戦士とハービー・ハンコックしかおぼえていない。

さんまの名探偵は今いくよとくるよがコンビだと知らないとなかなかクリアするのが難しいゲームである。あとたかゆきの部屋の秘密の地下室をゲーム終盤で見つけるがドアがあって奥に進めないがノブを回せば簡単に行けるのだが小学生の私はノブという言葉がわからずそういえば近所にノブちゃんという年上のお兄さんが住んでいてノブちゃんはピンク色の自作のラジコンをある日私の家に持ってきたが生憎私は喘息の発作を起こしたから遊べず母が「ごめんね」と断った。母が私より6歳上の人に「ごめんね」などと子供にきくような言葉で話しかけるのが奇妙だった。

それから私は寝た。

低気圧が通り過ぎ私の体力は回復したがノブちゃんが私の家にくることはなかった。母とノブちゃんに何かあったのかもしれないがノブちゃんはまだ小6だった。私は幼稚園の白鳥組だった。白鳥組の劇の出し物は大きな株で私はおじいさんCの役だった。おじいさんは3人いて私は背が高かったからCで最後だった。妹は桃太郎の桃太郎Eの役で妹は当時も今も背が低かった。唯一の女桃太郎なので最後だった。桃太郎だけで舞台は埋まり犬だの猿だのはまったく記憶に残らなかった。