意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

悩みがほしい

どうにも思いつめて仕方がないので思い切って電話をしてみたら思いの外長話になって私の心はほぐれた 同時に懐かしい気にもなった 長電話、とくに女性とのは少なくとも十年はしていない お互い言いたいことを言ったらすっきりした すっきりしなかった 心はほ…

ヒゲが濃くなるのはどっち?

大人になりたてのころ友人に「ひげ剃りに電気剃刀は使わないほうがいい、ヒゲが濃くなるぞ」とアドバイスされた 事実その友人は大変ヒゲが濃くかつ電気剃刀を使っていたから説得力は抜群であった 以来私は安全剃刀を使うようになって20年が経つ その間電気で…

夜は短し歩けよ乙女

暑いなーと思ったら窓がしまっていた 今の話だ 今とは夜である さすがに昼間だったら窓を開けるなりクーラーをつけるなりするだろう それくらい今日は暑かった それでも建物の中などは涼しいから建物が好きだった 現代は暑さをコントロールできる時代なので…

明日は法事だ

坊主が少し血の気ナダルに似ている ナダルとは芸人のナダルで私はそういうのに疎いからコンビ名なのか個人名なのかイマイチわからない そもそもコンビなのかも知らない 少し暑苦しいがしかし説教はそんなに下手ではない 反対に父方の住職は絶望的に話し下手…

人生はもっとシンプルになるんだと思っていた

ここ十年近くはそんな風に思っていてそれを「シンプル」と形容したのは今日が初めてでもっと穏やかに自分の人生に向き合い定義することができた それがここ半年はなんだ 感情の起伏がはげしく気持ちが休まらない 悪いこととは思わないが戸惑いはする 色んな…

チョコレートの妖精

今日も昨日のチョコレートが余っていたから少し配った 「チョコレートの妖精だよ」とふざけたら気持ち悪がられた 確かに自分でもキモいと思う ここのところ朝がハイになることが多く自分でも少し引いている 一方で朝礼でしゃべったら「目が死んでる」と言わ…

さよならは始まっている

漫画が小説か忘れたがおもしろいものがあってそれについて書こうと思ったら忘れた 東京には石垣があった チョコを配りながら休日出勤者を募った セブンイレブンのナッツの入ったチョコである アルフォートが良かったがそんなの売ってなかった

スピリチュアル東京

妻の希望で東京の神社に行った 飯田橋の駅から歩いていったところにある 帰りにぶっきらぼうに歩くと神楽坂に出た 神楽坂には友達が住んでいる 坂というか谷のような場所である 神社に着くと日が出てきたので私は日陰で休んでいた 妻は御朱印だの御守りだの…

素の自分と言われても

会社でもっと素のままの自分を出せばいいんだよとアドバイスされた とは言うものの私は繕ってばかりの自分であるからハードル高いなと思った しかし繕ってばかりなら繕う自分こそ素なのではないかという考え方もある 若い頃は実際にそうかは別として自分が格…

せっせと上書き

散歩をしたら気持ちが良かった くもっていたため暑くはなく土手に上って川を眺めた 対岸の植物が川面に写って印象派の絵のようだった 印象派とは客観から主観への大きな転換なのだろうか 足元には犬の糞があり 少し先には橋の橋脚のみが川に刺さっている い…

デート

車で国道を走っていたら赤信号だったので停まったら男女が横断歩道を渡った 女の服装からしてデートではないかと推測した 薄い生地の花柄のスカートを履いて顔はぱっとしなくてもデートに臨む女は格好いい 大して男はどうしてなのだろう、白いTシャツにジー…

生きるってなに?

姪が生まれてわが家にいる 義妹が里帰りしている 生まれたばかりの子は嬰児というんだっけ? 暗い部屋でひとりで泣いている まだ生まれたてなので声にははりがなく隣室でテレビを見ている母親の耳には届かない 私はとつぜんに「生きるってなんだろう」と思う…

鼻毛カッターの音がかわった

さっき鼻毛を鼻毛カッターで切っていたら途中で音がかわって私は焦った 中の刃がかけたのではとおもったのである 刃がどこかに当たって熱を帯びている 音が変わったのは季節が変わる合図なのかもしれないと思った

人はひとりじゃ生きていけない

しかしそれでもひとりで生きる強さがほしいと思うしまた強さの有無にかかわらずひとりで生きることを強要される人もいる 職場で鬱と診断された人がいて私は初めて鬱という病気について何も知らないことを悟った 私自身も鬱状態になることは定期的にあるがそ…

カツカレー

職場の人が昨夜カツカレーを食べたと報告してきて今朝はカツが何切れか余ったのでまた食べたという 対抗して私も「オムライス食べたよ!」というと彼女はもう建物の方に走っていて背中で「良かったですねー」と答えた カツカレーは確かにうらやましいが家の…

ドップラー・カエル

帰り道に田んぼの中を車で走っていたらカエルの鳴き声が聞こえた 車は動いているので聞こえたと思った瞬間に鳴き声は後ろへ追いやられてドップラー効果のような音がした 昨日は精神の不調を綴ったが今日になると車の調子もイマイチになった アクセルをふかす…

長い春

久しぶりに精神的に不調な春だった ここ十年の仕事は5月が忙しいが忙しさが良い方に働いた しかし春に不調なんてもっともっと若い頃の話だ 自転車で歩道と車道を行ったりきたりしながら「やれやれ」と思ったのは遠い昔だ それから無職の春があってしかしそ…

花屋が消えた

二週間ぶりに走ったら思いのほか調子が良かったので少し距離を伸ばしてみたら足の筋肉が固くなったが走った 以前のコースに行ってみたら途中の花屋さんがテナント募集となっていた 空っぽの建物の中には机の上に椅子が掃除の時間みたく上に重ねられていてひ…

キュウリ巻きおいしいです

いつの頃か鉄火巻きよりキュウリやかんぴょうの巻物のほうが美味しいとかんじるようになった そういえばこの前飲みに行ったときに飲みながらラムネを食べたら翌日すっきりした そこまでしてお酒が飲みたいのかというとそうではないがここのところ酒を飲んだ…

そんな日はこなかった

適当にネットをしていたら菊地凛子の顔が出てきてそういえばノルウェイの森の映画があったなあと思い出した 映画公開を知った当時いっしょに見に行こうと約束した人がいたがそんな日は結局こなかった 映画を見てどうせ酷いできだからその後2人でけちょんけ…

ここのところ書くことを探すことが多い

あと人の名前もあまり出てこない この人の名前は何だっけみたいな うちの職場は黄色の服の人が多いみたいに思ったがピンクの人もいた ピンクも黄色の一種だと思ったが違った 私も黄色いお洋服買おうかしらと思ったがキモイのでやめた

よく話をした1日

家に帰ると子供が熱を出して一時間目で帰ってきたという話を聞かされた 無論私は帰りが遅いから見る限りでは早退したのかどうかはわからない 体調もそこまで悪そうには見えない 昼を食べなかったというから食欲がなかったのかと訊くと寝ていたからだという …

ワンピースに申し訳ない

昨日は気分が下がっていたので散歩して外でブログ記事も更新した もう夜で公園のベンチに座るとスマホの光に虫が寄ってきた もうそんな季節なのである ポケモンGOでもやりたいと思った ポケモンGOが孤独を癒してくれる気がしたからである しかしやらなかった…

歌詞は文学

知的な人ほど歌のない器楽曲(インスト)を好むという研究結果(英研究) : カラパイア「歌詞は文学だから」と教えてくれたのは私のドラムの先生で私はそれから「良い歌」が果たして何を指しているのか都度確認するようになった 例えばこの歌詞じゃなかった…

何が人を傷つけるのかはわからない

「2年ほど前に大病で入院した料理が得意な夫のレシピメモを、断捨離性分の妻がそっと処分。それに激怒した夫は間もなく帰らぬ人に。今も後悔している」~妻の投書にざわつく人々 - Togetter相手の大切なものを捨てちゃってひどいというのはわかるが捨てるな…

ダークサイド

自分の人生を語るときに「ダークサイド」という言葉を使うとわりとすんなりいくことに気づいた 私の被害妄想とか性格の悪さとかそういうのってそもそもどこからきているのという話題になったときにストーリーが必要になるが私の場合「中学のときにダークサイ…

嫌われる勇気が読みたい

朝車を運転していたら唐突に「嫌われる勇気が読みたい」と思った どうして鞄の中に入っていないのか悔しくてならなかった もう一冊は幸せになる勇気、だっけ? あのやたらと暗い青年が博士に挑んでいく物語である 頭の中にひたすら「ギブ&ギブ」という言葉が…

勉強しなさい

年収1000万の技術者で休日も勉強は欠かさない東大卒のパパがいる家のママ ..子供の頃勉強しろと言われたことがなくておとなになるころにはやれと言われたかったなあと思ったがもうどちらでもいいやという気になった 中3の夏休みに塾の合宿があって私は塾なん…

離婚

離婚ーー十分日記250 - 今日の十分日記記事を読んで離婚した某タレントとは誰だろうと思い周囲に訊ねた 磯野貴理子であった 「遅く起きた朝の3人みんな離婚したね」と誰かが言ったので「森尾由美はしてないでしょ?」と否定した 森尾由美は一途なのであ…

後頭部

どういうわけか彼女の後頭部ばかりに目がいく1日だった 金色の髪留めがつけられている ずっと若い頃に同じバイトの子に髪留めをプレゼントしたことを思い出した あまり高価なものだとアレなので西友の一階で買った 当時はそういうお店があったのである 今は…