意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

財布を落とした

叔父が死んで弟について考える時間が増えた 子供がお坊さんのことを「お経さん」と呼んでいて笑った 肝心の坊さんの説教がぜんぜんまとまりがなくて霧をつかむみたいな話し方で困った その前のお経のほうが余程わかりやすかった わからなくてもすらすら言う…

モノマネ

とんねるずのモノマネの番組を見ていたら出る人出る人みんな似てないなあと思ってじゃあ元の声はどうなんだと思い出そうとしてもうまくいかなくてなんでだろーと思ったら元の人がそもそも誰なのか知らないということもあった それでも私にも熱心にテレビを見…

うんこ味のカレー

小学生のころから「カレー味のうんことうんこ味のカレーならばどちらか」という問題があって頭を悩ませたが何年か前に「食べるならうんこ味のカレーだな」と結論にいたり考える度にその判断は強固なものになっている しかし巷では「カレー味のうんこ」を選ぶ…

崩れる風景

叔父が死んだり会社の後輩が辞めると言い出したりばたばたした年の瀬となった いくつかの予定をキャンセルし懸念事項が増えた しかし時は流れるのだろう もう私に2時間くらい話し続ける人はいなくなってしまった 友達となら2時間くらいどうってことないがそ…

好きというのは足枷だ

会社の後輩が会社を辞めると私に告げもう次の会社は決まったというし好きなことがしたいというからできるというから私はむしろ祝福したい気持ちになった 貿易会社に勤めるらしい 「海の近く?」 というと 「海の近くです」 答えた 私の中で貿易といえばそれ…

スズキのCM

スズキの車のCMはTOKIOのやつとももクロのやつがありこれらのグループはどちらも5人組である 宣伝を担当する車は後者が軽自動車で前者が非軽自動車でありそうするとももクロの5人組は2台に分乗する必要がありそうなると後ろの車両にひとりだけ後部座席になっ…

なにを見ている?

みんなは町のどこを見てるの?町中で何を見ているのか人の見ているものを知るのは楽しかった 私はよく店の中などで別行動をしている家族や知人を探すときはこんなにも人の顔や体が並ぶ中で知っているものを判別できるのは何故だろうと思ったりまた探していな…

結論からいえば

たまに読んでいて「結論からいえば」という言い回しにあたることがあり私はそのたびに (結論からいわないパターンはどんなだろう) と思ってしまう 私自身はあまりそういう書き方はあまりしないしまた文章の書き方は千差万別(今日も「一段上の文章術」とい…

子供が小さいときは楽しかった

「物のないオシャレ新婚家庭は『乳幼児の文字環境として砂漠』」子育てをする上で理想的な環境トリセツがとてもためになる - Togetterこれを読んでもちっとも腑に落ちなかった 同じことを何度か書いたが不特定多数のベストやベターを求めるより親自身があま…

人生が広い

若いころは仲間とノートなどに書き物をしていて友達などは律儀に「2001.1.21」などページの右上に書いていて(そういえばダイガクノートと呼ばれるものには必ず日付を入れる箇所があった)私は「律儀な人だな」と思った 私はせいぜい暑いか寒いかくらいがわ…

人の流れ

通勤途中の田んぼの中の道端の田んぼの真ん中に複合工業施設が建設されて数ヶ月経つ いくつかテナントが入ったのか朝の道が混むようになった 最初は事故が何かかと思ったが工業施設に行くためには右折をしなければならないため右折レーンにはいるが入りきら…

ここは郵便局の駐車場ではなかった

会社の近くの郵便局へ行った 郵便物を出すためである また郵便局は駅の近くにあった 押しボタンの信号を渡り駐車場に車を入れる パトカーが停まっている ところでこの駐車場は郵便局に隣接しているが周りをフェンスで取り囲まれている 車を入れたところだけ…

冬の朝

子供が寝坊をして私は毎朝駅まで送っているが約束の時間に車で待っていてもいつまでもこないから家に戻って様子を見たらまだ寝ていた 「休みでしょ? 学校まで送ってって」 と言うから冗談じゃないと思ってとりあえず下の子を起こしたら妻も起きて 「遅刻す…

夢の中で小説を書く

昨日は実家で酒を飲み350→350→500という順番で飲んだ 最後の500はいらないと思ったが飲みだしたら案外はやくなくなった もっと飲みたいとは思わなかった カレーを食べた カレーを食べながら「カレーってこんな味だったっけ」と思うことが増えた 昔はご飯が左…

アタック25

この前美容院で髪を染めてもらったが毎度どの程度やるかみたいな話になって美容師は戸棚から二つ折りのカラー見本を出して開いて見せてくる まずは茶色とかアッシュとかの色の方向を決めそれからどの程度色を出すかを番号で決める 毎度のことなので 「オレン…

友達

弟が結婚式を挙げ友達をたくさん呼んでいたので友達がたくさんいるなあと感心をした 友達はたくさんいたほうが人生の充実度が上がるというのを何かで読んだが自分の人生のために作る友達というのは違う気がする アクセサリーじゃねえんだよと言いたくなる 私…

知られたくない

それは違うと思う。一年近く前にスピード違反で捕まって点数引かれることも罰金も自業自得とはいえ悔しかったので少しでもこの感情から離れたくてそこからいちばん近くの郵便局で罰金を払ってしまいあとは誰にも言わずに黙っていた 郵便局では別の捕まった人…

逃げ水

「死ぬのが怖い」とはどういうことか作者: 前野隆司出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る特別に死ぬのが怖いわけではないが書評で「私たちにあるのは今だけ」というのが気になって…

初恋は何度でも

また初恋の人が出てくる夢を見た 5時20分に目が覚めてまた寝たら6時に起きてその間に見た夢だ 私たちは自転車に乗って小学校時代のかつての通学路を逆向きに走っていた 逆向きというのは学校から家に向かってということである さらに言うなら私の通学路で彼…

感謝の定義

私も親に感謝という気持ちを抱くことはないし抱きべきでないというかそれはちょっと違うなと思う。生んでくれてありがとうという文句があるが私たちは死んだ後の世界がわからないのと同様に生まれる前のこともわからないのだから軽はずみにありがとうと言う…

涅槃が近い

仏教の本を読んでいる 以前別のブロガーの方が紹介していた「仏教思想のゼロポイント」という本をKindleで購入し読んでいたが半分の少し前に放置した いつに買ったかも定かではないが昨日くらいからまた読み始めというのも私は最近また本を読もうと思いその…

オブラディ・オブラダ

今朝夢を見た。ラソウマートという店に「謎」の貼り紙がしてあると父が私に言い私は興味を抱いたたまたま私はラソウマートの上の階に泊まっていたので下に降りるとそこはこぢんまりとした昔のデイリーストアみたいな雰囲気で早速「謎」の貼り紙を探そうとし…

正しいことを主張する気になれない

小学校のクラブ活動で「5万円の備品」を購入するために保護者50人を1週間前から何度も動員してバザーをし、豚汁とぜんざいをふるまって…非効率?交流目的? - Togetterまとめ確かに「お金を割り勘したほうがずっと効率が良い」という意見には非の打ち所はな…

アダプター

夏から何度か書いたが会社のパソコンの調子が悪くWindowsディフェンダーだのテンプファイルだのWindowsアップデートだの試したらいい感じになったときもあったが今週は悪い。CPUが振り切れるのである。振り切れてしまったらマウスがかくかくしだして仕事にな…

これが日記だったら

私は子供のころから日記をつけるのが苦手でしかし文章をつづることはそれほど苦手ではなく「○○について」みたいな書き方で十代の後半からやっている。日記というのは素直にとるならその日の出来事を書くことであり私の場合できごとという出来事がないから書…

根拠なんてそれっぽければいい

Q.船上に26匹の羊と10匹のヤギがいます。この時、船長は何歳でしょう?→大多数の子供が『36歳』と答える - Togetterまとめこれを読んで何年か前にとある偉い人が出した稟議書をみる機会があって要するに新しい○○を買いたいんですけどみたいなお伺いでまずは…

西野カナを見て希望がないとかんじる

西野カナがテレビに出ているのをたまたま見てこんな風に曲を作っていますみたいな話があって歌詞のリアリティを上げるためにたとえば友達に話を聞いたりとかあとはもっと大々的にアンケートをとったりしてますみたいな話をしていてそれが市場調査のようにか…

集中

ここ数年で使わなくなった言葉というか発想に「今日はツイてる(ツイてない)」があったが今日は「集中」という言葉をもうしばらく使っていないことに気づいた。使っていないということはそういう場面がないということである。 まず「ツイてる(ツイてない)…

自称内向型人間の「コミュニケーションが苦手」は信じない

高校のときの倫理の時間に内向型と外向型いうタイプ分けを習って実際に四角に囲まれた質問を矢印に従って答えていったら確か私は「内向感覚型」で特徴を見ると大いにしっくりくる内容だった。私は確かに自分以外の人間よりも自分に対する興味が強くてそれは…

ヤマキさん

会社にヤマキさんというのがいて私は彼を呼ぶ度に心の中で (......ヤマキコウジ) と呼びかけていてしかし彼の下の名はコウジではないので長い間なんでだろうと思っていたが今日歌手の玉置コウジと一字違いで語感も似ているからついそう名付けてしまうこと…