意味をあたえる

文章としかいいようがない fktack@yahoo.co.jp

海産物

那珂湊でタコを食べた その前は花を見た 私は花に興味がないからそれほど楽しくはなかった 斜面があってそれを上り下りしそれから日向が暑くてイライラするようになった 朝4時半に起きてそれからなぜかここ数日花粉症がぶり返した ネットの花粉予報まったく…

自分に敬称をつけないのには無理がある

いつだったか自分の話の中に自分が登場するときに敬称をつけるのはおかしいと書いたが、自分が登場するというかこんなこと言われましたみたいな話をするときに相手の言葉を再現しようとすると敬称がないと難しいということに最近になって気づいた おかしいと…

鏡文字

コンビニの駐車場で妻と子が買い物するのを待っているときにふとサイドミラーを見るとコンビニのガラスの貼り紙が鏡文字になっていて新鮮だった もうずいぶんと鏡文字なんて見てない気がした 鏡で自分の顔を見たときにも久しぶりとかんじるときがあるから、…

みんな努力や運にシビアだ

好きなことを仕事にしなければいけない、理由。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。書いてあることはその通りだと思うが問題がひとつあって“好きなことがない人はどうすれば“という問題である 好きなことがないというのは私のことであって私は執着心の薄い…

HUNTER×HUNTERと百年の孤独

HUNTER×HUNTERは今は「暗黒大陸編」というのをやっていて人間関係やそれらの思惑が複雑に絡まり合っていてかなりややこしくなっている 人が大勢出てくる そこである人がこの状況を図解して公開していた 私は最初の図でなんかしっくりこなくて見るのをやめて…

マグロってスイカみたい

最初から切ってあるパックに入ったまぐろが今日の夕飯だったがなんとなくスイカに見えた スイカっぽく盛り付ければ騙されてしまうだろう スイカと思い込んで食べたら生臭くて「腐ってる」と吐き出すに違いない 子供の頃似たようなことをやらかしたと言えばコ…

東京の闇

朝は二度寝して昼近くに起きた 昨夜は都内で飲み東京の闇を見た 闇というのは人の闇のことでここ数日で同行者Aの評価が180度変わった そのことをAがトイレに行っている隙にBにも話そうと思ったがBはBでいろいろ抱えていて気の毒になって話すのをやめた 段々…

フリスク

先日通勤途上で便が下り降りてから近くのコンビニです用を足しなんとなくフリスクを購入した フリスクはほとんど食べたことがなかったが半年前に弟が結婚したので式に参加したら引き出物にフリスクがあったので食べたら悪くないと思って不評だった家族ぶんも…

将来

よく晴れた朝である 電車は田園地帯を走り私のかつての通学路を横切った 中学である およそ4キロの通学路でありその踏切がちょうど真ん中の折り返しであった 線路を超えると別のエリアに入ったかんじがした 私にとってある種の境界であった 踏切に引っかかる…

夢でマツコに話しかけられ

電車の中でマツコ・デラックスに例の口調で 「アンタも言うわね~」 と言われた 私は上半身裸で電車に乗っていた 夢の話である 上着を持っていたが羽織るのが面倒だったので裸でいた 男だから問題ないと思っていたが乗ってしばらくしたら恥ずかしくなって羽…

菜の花タッチ

道路を走っていると向こうから自転車の集団がやってきた 女子たちは一列にみんな揃いの白いヘルメットをかぶっている 一列なのはそこは比較的車通りの多い県道で歩道の中を走っていたからだ 中学生である 制服の真新しさからつい数日前に入学式を終えたばか…

こうゆう

「こういう」を「こうゆう」と書いているのをときどき見かけ最初はふざけているのかと思っていたらどうやら一定数「こうゆう」を正としている人がいるらしい どっちでもいいやとも思う しかし仕事のメールなどで出てくると面食らう 「かわいい」とすら思える…

ゴールデンカムイ読んだ

百話まで無料というのをやっていておそらく今日の23時で終了なのだがとても最後まで読めないだろうと思っていたら読めた 実は昨夜は眠れなかったのである 眠れないときというのは眠るのをいい加減あきらめた午前5時ころに猛烈に眠くなったりするのだが私は最…

日本人としての私

あるいは日本人という前置きは浅はかかもしれないが人とのかかわりで「これができない」みたいな主張をすることが多い それは相手の「そんなことないですよ」を引き出す誘い玉であり私も私ができない人間だとは思っていない とうぜんできないこと及ばないこ…

ガソリンを入れ損ねた

会社を出るときにはガソリンを入れる道順があって私はそれをガソリンルートと呼んでいる ガソリンルートというのは今思いついた呼び名だがうっかりしてそのルートに入り損ねてしまった 会社を出て最初の交差点を左斜め前に進むところを左斜めうしろへ行って…

意識

通勤電車内で座席に眠っていた私はふと目を覚ました 隣の人にもたれかかってしまったと思いあわてて顔をあげて確認すると私がもたれかかっていたのは私の右の二の腕だった 私はグレーのメッシュ地のパーカーを着ていた それは騎士の着るくさりかたびらみたい…

出口A1

しばらく電車通勤がつづく 都内である 昨日はやたらに高いビルに登った 東京タワーの反対側の道を行ったところのビルだった とちゅうでカレーを食べた 面に券売機があってカツカレーを押したら小窓から女の店員がにゅっと顔を出してきて 「大丈夫ですか?」 …

駅でたおれているひとがいた

ひさしぶりに電車に乗ったら中吊り広告に週刊誌のがなくていくぶん爽やかだった しかしドアーのところには予備校のシールタイプの広告が貼ってあってどんよりした気分になった 私自身が予備校にひどい思い出があるというわけでなく、私はそもそも予備校には…

コストコ

コストコの話を会社ですると食いつきがよい 私の周りは男ばかりだが興味津々である 「大きいんでしょ?」と言ってくる 男の子は大きい物が好きなのである 私などは何度も行っているからもう見慣れてしまい大きい物の例がすぐに出てこなくなってしまっている …

暑いからクーラーをつけたら寒くなった

上司とネットで面談をしなければならずその間は冷房のスイッ千に近づけないから気づいたらすごい寒かった 友達がかつて私のサイトに投稿した文章を自分のブログに転載していいかと訊いてきたからいいよと答えた 転載したあとアドレスを教えてもらって見に行…

初恋

昨日車の中で妻が音楽を聴いていてなんという歌手かは知らないがいわゆる「感謝系」の歌だったので辟易した 君への愛に気づいて感謝みたいな内容だった この手の歌は東日本大震災以降に増えた気がする 絆とか流行った すぐに絆を歌詞に織り込む歌手が登場し…

竹馬に乗って足をくじく

いてえ 房総半島にある自然公園にきた 武家屋敷があって外は暑いのに建物に入るとひんやりして思わず 「さみい」 とつぶやいたらそこの女主人に 「冬はもっと寒いですよ」 と注意された 商店だから入り口をおおっぴらに開けとかなければならずだから寒いのだ…

寝る前に小説を読んでいる

わたしたちに許された特別な時間の終わり (新潮文庫)作者: 岡田利規出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/12/24メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 65回この商品を含むブログ (41件) を見る最近はこれを読んでいる ふたつの小説がおさめられていて後のやつの…

夜桜見れるかな

帰り道に桜並木の道があるので通って帰ろうと思ったら忘れた 普段のルートではないのである その道は細い川に沿った道であって道も狭く一部コンクリートが剥がれて雨上がりにはそこに水がたまっている 一時期よく通った道だが今はあまり通らない 春になると…

悔いのない人生のために他人を傷つけていいのか

タイトルのようなことをぼんやりと考えた またその少し前には「自由とはつまるところどの不自由にするか選択できる自由のことである」という定義を自分の中に立てて吟味した どちらも身を入れて考える気にはならなかった 悔いのないというのはずいぶん浅はか…

CMまたぎって今でも意味あるの?

今は昔とちがって「驚きの理由はこの後すぐ!」と言いながらしれっとCMにいかれてもその間にインターネットで調べれば済んでしまう それなのにおとなしくじっとまっているなんてできない 現に今も「手紙に白紙を入れる理由はこの後すぐ!」とやられたがとっ…

よく寝た

本を読むか寝るかの一日だった とちゅう耳鼻科に行って薬をもらった 昼前に行ったがおどろくほど空いていた もっと早い時間に行くつもりだったが子供を送り出した後二度寝した 昨晩胃が痛くてあまり寝れなかったのである 家に帰って昼飯を食べまた寝た 合間…

久しぶりに公衆浴場へ行った

私の家族は私以外女なので風呂屋に行くとひとりになるから好きだ 私以外は長風呂なので出てからもひとりなので気楽だ。しかし風呂そのものは退屈でもサウナと水風呂を往復するのは好きなのでほどほどにしないの出てからの時間が短くなってしまう 短いから何…

卒業式

卒業式で周りが感極まって泣いているのに自分は泣けず「私、何か大事なものが欠けている」と感じている人達を想い、描いた漫画に共感や思い出の数々 - Togetter卒業式で泣く意味が私にはわからなかったがそういえば私は幼い頃すぐに泣く性分でそれが恥ずかし…

食べて帰るか帰ってから食べるか

私は食べながら帰るのが好きだ 帰るとは車を運転しながらパンやおにぎりを頬張るのが好きなのである 昔車で30分くらいのところにある学校に通っていたとき時間がなくて運転しながら食べていたら座ってゆっくり食べるよりも楽しいと思えるようになった さすが…